個展作品より「ニヴフ族のくま神話」

e0026053_17141657.jpg

崖の下に巣穴をみつけた漁師は 仲間にたのんでおろしてもらうと、
そこにはりっぱな熊が暮らしていた。漁師は熊と一冬過ごすことになる....
サハリンのニヴフ族の熊神話は、アマゾン川流域では
構造のみ生かしべつの神話として成立しています。

参考文献:「熊から王へ」 カイエ・ソバージュ(2)
(講談社選書メチエ) 中沢新一




このお話をざっとご紹介します。

ある村で一人の男が狩りに出かけて、熊の足跡を見つけた。
人を集めてその後を追うと、熊はどうやら、
海に面した断崖絶壁の崖に巣を作っているようだ。
男は腰に革ひもを結わえ、上から皆で巣穴のある崖の下へ下ろしてもらった。
ところが皆は、革ひもを手放し、男を置き去りにして村へ帰ってしまった。
男は食べる物もなく、飢え、革ひもを食べてしのいだ。

いつのまにか眠っていた男は、熊が
「さあ、私のところへ来なさい」と言っている夢を見て
目が覚めると巣穴へ入って行き、冬眠している熊のそばに横たわった。
眠ると夢の中でまた、熊が
「もしお腹がすいたら、私の小指を吸いなさい。
水が飲みたくなったら、もう一方の小指を吸いなさい」と言った。
起きた男は、お腹がすいたので眠っている熊の片足を持って吸い始め、
もう一方の片足で乾きをいやした。

春が来て、熊は男に夢の中でこう言った。
「私は明日、起きる。私が外に出たら、お前は私によじ上って
背中に乗りなさい。そして自分の村に帰ったら
三匹の犬を縛って、私のところへよこしなさい」

翌朝、熊は目を覚まし、外へ出た。
男が背中に上ると崖を登り、立ち止まった。
男は背中から下りて、自分の村へ帰り
三匹の犬を縛って、熊に送った。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



ニヴフ族の生活圏の北東アジアでは崖へ下りて行くことで
「熊の巣をあさる」物語が進みますが、
アマゾン川流域では木に登る、垂直に上がって「鳥の巣をあさる」ことで物語が成立します。
出てくる動物や結末も違うのですが、南では熊に変わって
ジャガーが超自然的な存在として登場します。というわけで、次回の絵へつながりまーす。
by natsu_miyazawa | 2014-11-29 17:45 | Comments(0)


HPはnatsumiyazawa.com


by 宮澤ナツ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ようこそ!

お問い合わせ・ご依頼は
公式HP内「お問い合わせ」
メールでどうぞ
035.gif2017.2.16より
HPのURLが変わりました

宮澤ナツ_絵本イラスト


facebook
twitter
当ブログの画像および
テキストの無断使用、
転載はご遠慮ください。
使用料が発生します



::::::リンク::::::

サンディエゴ在住の
中学んときの同級生
えだまめ漂流記

ブックデザイナー
清水佳子さんの日記
『しみず手帳』

才能あるキュートな変人!!
又男日記

彫刻家&
イラストレーター
ささきみえこさんのブログ
ささきみえこのブログ
サイト
森のなかで

グラフィックデザイナー
飛弾野由佳さんのまんが・
お仕事ブログ
金魚HOUSE

イラストと
日々の出来事
せきあやこの
「兎にも角にも」


謎の音楽ユニット
“34”のオフィシャルブログ
Happy“34”official blog

本、特にドイツ語関係の
本の万屋(よろずや)。
パプリカ商店

デザイナー阿部美樹子さんの
サイト気戸kico

東京・北参道にある
デザイン事務所
NILSON design studio

篆刻家・瀬川敦子さん所属
こんこんギャラリー

ブログパーツ

最新のコメント

わあ、こちらこそ気に留め..
by natsu_miyazawa at 13:33
ナツ イベントお疲れさ..
by ak at 22:48
富岡さま、素敵な感想をい..
by natsu_miyazawa at 16:30

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

全体
えほん
しごと

音楽
自然

映画
スポーツ
健康

動物
歴史モノ
イベント

イソップ物語
ショップ
くらし
スケッチブック
未分類