カテゴリ:しごと( 112 )

こわいだけじゃないよー!

お仕事のご紹介です。
東京書店株式会社さんから発売中の
「不思議なふしぎなおばけの話90」
「こわくてたのしいおばけの話90」の、2冊の挿絵を
他のイラストレーターさんたちとご一緒に担当しました!
こわい、ふしぎなお話はなぜか、子供たちは大好きですよね〜
私もぞくぞくしながら水木しげる先生の妖怪本を楽しんでいた思い出が....
ただし、明るい昼間、たくさんの友達と一緒に、が大前提。
e0026053_1414741.jpg

リップ・ヴァン・ウィンクルがある日、山の中で出会ったのは...
リップ・ヴァン・ウィンクル(アメリカ)より

e0026053_141483.jpg

とつぜんもどってきた行方不明の兄。しかし
以前とはまったくかわっていたのです...
神かくし(日本)より


こわいだけじゃなく、どこかしら面白く感じてもらえるように描きました。
世界中のさまざまなお話がこの2冊で楽しめます。
ぜひぜひ、お手にとってみてくださいね〜!

詳細はこちら
by natsu_miyazawa | 2014-06-17 14:09 | しごと | Comments(0)

WS(ワークショップ)の、きっかけ話など

今年で24年目になる絵の仕事はいろんなかたちで広がって行き
私のサイトは「えほん+イラスト+WS(ワークショップ)」の
3つの柱で構成されています。
せっかくブログもあることだし
それぞれが発展するきっかけなどを...ご紹介しますね。

まず、WS(ワークショップ)=ライブペインティングですが
純粋にお仕事がきっかけでした。
今でもおつきあいのある編集者さんが、タレントさんなどを
発掘、ご紹介する雑誌を担当されていたころ
私もカットのお仕事等いただいていたのですが
打ち合わせ時に、ラフをさささっと描いたりするのをみて
「宮澤さん、その場で絵を描くのはどうかな?できる?」と打診。
やってないことをやるのが好きな(!)私は即答しました。
「おもしろそう〜!」

タレントさんの立ち位置を決めたら、スタジオ撮影時に
背景に使うバック紙(ロール状になっています)を下ろしてもらい
アクリル絵の具で描きました。時間はおよそ20分。
モデルさん、ヘアメイクさん、カメラマンさん、
編集者さん、デザイナーさん、
(インタビュー等兼ねる場合は)ライターさんなど
たくさんの方が同時にお仕事をされている関係上
絵を描く為の時間はさほどとれません。
でも私は制約があればあるほど燃えるタイプ。
わくわくするほど楽しく、仕上げました。
編集者さんが「絵を描く過程をみるのっておもしろいですね〜」と
感想を言ってくれ、私も楽しいけど
見ている人も楽しいならばなにより!と嬉しく思いました。
その後いろんなシチュエーションで描かせていただき
ずっと一人で家で描いていた私は
(ふだんお仕事でお会いする方はせいぜい編集者さんと
デザイナーさんくらいだったので)
多くの現場のプロの方々とお会い出来
楽しいひとときとなりました。

ほどなくして別の出版社さんへ伺ったとき、
私のファイルをみながら
そのころ毎年行っていた音楽フェスの話になり
その編集部さんも出店されていることを聞き
「私ももうチケットとってあるし行くことは決まっているので
何かできることがあればお手伝いしましょうか?」とお話ししたら
ちょうど撮影スタジオで描いた絵をご覧になった編集さんが
「じゃせっかくだし、ライブペインティングやってみましょっか?」と....

.....それから先の展開はサイトをご覧いただくとして
本当にいろんな場所で絵を描かせていただきました。

タイミングってあるんだなあとしみじみ感じます。
様々な幸運や良い方達の出会いによって
やがてワークショップへと発展し、
今の私の活動の柱の一つになりました。

去年、新宿駅の地下構内で絵を描いているとき
いつ思ったのかを忘れるくらいのむかーし昔の、子供のころ
「いろんな場所で絵を描いてみたいな」と思ったことが
こんなふうに叶ったんだなーと、感慨しきりでした。

e0026053_1050146.jpg

by natsu_miyazawa | 2014-01-07 10:56 | しごと | Comments(0)

紙版画イラスト:edu10月号

少し前(ちょうど引っ越し頃)になりますがe0026053_1154626.jpg
小学館発行のedu10月号
特集記事のイラストを担当しました。
技法は紙版画です。発達障害という重いテーマですが
暗くならないよう情緒的なイメージに。
メインのインクはバーミリオンレッドに
ところどころ色をのせた
私ならではの一版多色刷りで仕上げました。

下は本誌と版、刷った作品と並べてみました。
いかがでしょう?
白っぽいインクが多く乗ったものが版です。
版画だから版の絵柄は逆になります。
スキャンしてデータ入稿をしました。
本誌に使われている紙が風合いのある再生紙で
じゃっかん色が沈みます。ですので
明るめに色調補正をしました。

e0026053_118552.jpg

紙版の厚さは、このくらい。わかるかな?
e0026053_11183320.jpg
よくみるケーキの箱や、洋服の台紙などに
使われている白ボール紙、もしくは
表面にコーティングされている紙です。
私はさんざん銅版と格闘してきましたが
あっさりと紙版にのりかえました。
自分にはこちらのほうが合っているみたいです。
材質が合う、合わないってありますよねー
すごくラクになりました。絵に近い感覚です。

以前工房で会った同業の方が、そのままそっくり
私のやり方をうつして作品作りをはじめました。
使う道具まで、です。
「タッチ」のひとつとして、軽い気持ちで
取り入れられただけかもしれませんが、当時は複雑でした。
同じ技法でも手(人)が変わると
まったく違ったアプローチや工夫が必要になるはず。
それをとびこえられることに驚きましたが
今は、その人に合った技法をその人自身が
みつけられてたらいいなあ、と思います。
e0026053_1135846.jpg

このお仕事は前の家で制作しましたが、今の仕事場は
4.5畳から6畳になったので、作業のすべてが行えます。
版画は何工程か必要なので(紙を湿す、インクを広げて刷る、乾かすなど)
その都度あちこちに物を移動したり猫トイレをどかしたり
(プレス機の下にあったので)がなくなって
とってもやりやすくなりました〜

趣味的な遊びの作品や、よりオリジナリティーを追求した
実験作品を作りつつありますが
現在夢中の庭の地図を、手描きと版画でやってみよう!と。
まだまだ版画はぜんぜん、飽きません。
by natsu_miyazawa | 2013-10-07 11:47 | しごと | Comments(0)

青空Fine、連載終了〜

信濃毎日新聞社発行の信濃毎日新聞、水曜日の文化欄にて
リレー連載していました「青空Fine」が
本日9月25日で連載終了となりました!
ご担当いただいた記者の皆様には、大変お世話になり
どうもありがとうございました016.gif

およそ5年の間、だいたい月に一度のペースでお仕事させていただき
送られてくる掲載新聞のニュースを楽しく読んでおりました。
私は長野県出身なので、信毎(しんまい)は子供の頃から親しんでおり
まさかお仕事でお世話になるとは...感慨深いです。
また、身内をはじめ、懐かしい県内の友人たち
(や、県内に移転した友人たちやお仕事の関係の方など)に
「みたよー!」と連絡をもらうことも多く、ひときわ嬉しかったです。

さて、本日の掲載イラスト作成のラフが残っていたので
ご紹介しますね。毎回こんなかんじで描いていました。
e0026053_1028614.jpg

記者さんがかなり詳細で具体的なラフをファクスで送ってくださるので
(味があって、とてもいいのです)
それをもとに描き起こします。右上のが大ラフね。
大ラフで構図や内容を決めたら、筆でタイトル等を描きます。右下です。
左側は鉛筆で描いたもの。だいたいこの2種をスキャナーで取り込み
あとはPhotoshopで修正や加工、合成をし、ラフとしてpdfに変換し
記者さんへメール添付で送ります。
修正、訂正などして仕上げ作業をし、いつもはEPSという
印刷用の高解像度で保存するのですがしんまいさんはTIFFがベストとのこと
変換保存しメール添付するのには重いので
オンラインストレージにアップロードし送信して入稿終了!です。

基本私は手描きですが、今は直接ペンタブレットなどで
モニター上の作業のみでお仕事されてらっしゃる方も多いと思います。
データ入稿は今から十年ちょっと前くらいから
当たり前になってきて、私も対応するようになりました。
社会人一年めだけデザイナーだったのですが
その頃はカッターやのり(ペーパーセメント)で
手作業でロゴを作っていたのだから
ものすごい変化を遂げた業種と言えるでしょうね〜


いろんな便利な機械を駆使しても、肝心な、大事なやりとりは
やっぱり人と直接お話ししたり会わないとわかりません。
しんまいさんは長野市内ということで一度しか伺えなかったのですが
ご担当の皆さん(3名)に初めてお会いした時
「あ!このお声だ〜!」と、嬉しかったです。

056.gifありがとうございました!056.gif
by natsu_miyazawa | 2013-09-25 10:40 | しごと | Comments(0)

陰山メソッド 徹底反復「計算プリント」リニューアル

およそ十年前、気の合う方々とチームで進めた大ヒットシリーズ。
ふたたびの登場です。
累計45万部の大ベストセラーの内容はお墨付き!ですが
私の担当した本文イラストは時の経過を感じさせないと
ありがたいご意見をいただき、一部はそのままカバーまわりにいかし
更に個展のみ挑戦した版画の技法を浮上させ
技法的には「過去の私と今の私」の、とてもめずらしいコラボとなりました!
e0026053_210414.jpg


著者の隂山先生はもちろんですが、編集者さんのあざやかな視点、
デザイナーさんの絶妙な空気感なしではありえない作品です。
この一連のシリーズの発売で売り場の彩りががらっと変わったことに
皆さんお気づきでしょうか?

続々と同シリーズのリニューアルが進行中。お楽しみに!

お仕事に恵まれて、幸せです。

陰山メソッド 徹底反復「計算プリント」
小学校1~6年
著/陰山英男 小学館
by natsu_miyazawa | 2013-07-16 21:04 | しごと | Comments(0)

はまやー逸品「つながるカード」

e0026053_15393349.jpg

私がイラストを担当したこちらのハガキ大のカード。e0026053_16145427.jpg
表紙は箔押しでちょっと高級感を出しつつも
ナチュラルな雰囲気をアピール。
素材としてのイラストがデザイナーさんの手によって
素敵なかたちになるのにはいつも驚嘆!ですー。うれしいなあ。
そしてこのカード、ただのカードではありません。
生産物と生産者、そして購入したお客様を
「つなげる、つながるカード」なのです。
どんな方が、どんな環境で、どんな気持ちで
生産物に関わっているのかを知ることが出来
購入した商品がただの「もの」ではない
たくさんの人の手の愛情を受けて はじめて
手元にあることを感じられる「つながるカード」。素晴らしい!
e0026053_1615979.jpg
沖縄県名護市ではじめた、このプロジェクトのデザインは
embroidery-mediaさん。
既に発売中のやんばるスパイスカレーもこちらのデザインで
私もワンポイントの黒豚ちゃんを描きました。
このカレー、なんと別のデザイナーさん友達が
FB上で「おいしいよう」とあげていてくれて...びっくり。
より現場に近い活動をされている方ともつながりました。
私はこういう偶然は多いほうですが
何度体験してもゴーサインが出ている気がして、嬉しく思います。
これからも展開予定の、こちらのプロジェクト、
沖縄方面へお出かけのみなさまも、そうでないみなさまも
ご注目くださいませ016.gif


そしてそして...実はこちらのプロダクションさんは
私がわずか一年しか在籍していなかった(!)会社の後輩にあたる女性です。
よくプレイベートでは遊んでいますが、お仕事もご一緒することに...
いろんなアイデアも気軽にご提案出来つつも、そこはプロ同士。
いいかたちでお仕事を進めさせてもらってます。

なにより大好きな沖縄にご縁がひろがり、嬉しいです。
このプレジェクトに関わる、すべてのみなさんのお役に立てますように!
by natsu_miyazawa | 2013-04-11 16:16 | しごと | Comments(0)

男の隠れ家特別編集 時空旅人『古の地を往く』

本日発売!....憧れの「男の隠れ家特別編集 時空旅人」シリーズで
お仕事させていただきましたよ〜
1月に取材した高千穂の神楽がたっぷりイラストに文章つきでご掲載されてます。
ひとことで「神楽」といっても、各地で独自の発展を遂げ現代に引き継がれている様を
ライブで楽しく体感させていただきました!
私は古いものが大好きですが、それを伝えている「人」が何より大好きなことを、
より実感させていただきました。楽しい雰囲気がたくさんでているといいな。
そしてわくわくする特集な数々は、いち読者として読むのが楽しみ!
e0026053_12411430.jpg

facebookの栗原編集長のコメントつき記事はこちら016.gif
私の取材メモ記事はこちら

その日にいた皆さん(私もね)をイラストに描きましたよー
さがしてみてね

by natsu_miyazawa | 2013-03-25 12:47 | しごと | Comments(0)

感動的な夜。夜神楽に行ってきました

土日に宮崎県は高千穂の山間の集落にて、あまりにも有名な
「夜神楽」をみに行ってきましたが
多くの夜神楽のなか、ご縁があったのは山中神社の尾狩神楽でした。
そのもようは3月25日発売の「男の隠れ家特別編集 時空旅人vol.13」にて
イラストルポとしてご紹介させていただきます!

こちらのシリーズは読者として、内容、クオリティの高さに
いつも喜んで購読していたので、今回いろんな偶然が重なって
なんとお仕事として取材し、イラストルポをご掲載いただけるなんて
本当に光栄です〜!ありがとうございます。はりきってまーす!
詳しくは発売した本誌を楽しんでいただくとして...
ここではチラっと取材スケッチを。
e0026053_1732843.jpg

写真を撮影しつつ、お話を伺いつつでしたが
ほとんどは私ならではの方法、絵を描くことで情報をまとめました。
資料は大切ですが、手先を使って描くのと
漠然と見るだけと記憶の残り方がまったく違うのです。
写真は一瞬のイメージを確実にかたちとして残してくれますが
一場面のみを切り取るので、絵を描く時に必要な
立体的な情報の足りない部分を描いて掴みました。
その人特有の身体の動きや表情のくせをつかんだり、
一見目に見えないところ(正面に対して、後ろ側)を確認出来るのも
現地取材ならではの良さです。
一晩中のおまつり、ラフスケッチを山ほど描きましたよ〜

その場でささっと描いて、ほらっとみせると
皆さん喜んでくださる!
心から幸せだな〜と感じる瞬間でした。特技があってよかったー

素晴らしい舞ももちろんですが、浮かんでくるのは
既に懐かしい、故郷のような皆さんのお顔。
地方に行くとその表情に豊かさにどきっとします。
夜神楽を追いかけている皆さんがハマってしまうのは
この、なんともいえない昔ながらの共同体の一員として
受け入れてもらった心地よさなのではないかと思います。

地域の皆様、ご一緒した皆様、本当に貴重な経験をさせていただき
心から感謝申し上げます。

あのすてきな空気感が伝わるように描きますね。
どうぞお楽しみに〜!



行きは観光協会の方がご案内くださったのですが
帰りは朝5時過ぎ、まっくらな山道。もちろんナビは役に立たず...
編集長の野生の勘ですんなり国道に出ましたが
ググると間違えて別方向にいってしまった方もけっこういた模様。
あの寒さと暗さ眠気のなか、間違えていたらと思うと....
ありがたや〜
*だいたいの道の感じはこちら...ですがこれだけでは行けません。念のため...
by natsu_miyazawa | 2013-01-21 18:15 | しごと | Comments(0)

GWの予定

ワークショップ、無事終了しました!
ご来場の皆様、関係者の皆様、どうもありがとうございました。
サイトにて画像をご紹介しています。ぜひどうぞ
016.gif

4/28~5/3の期間中
29日のイルフ童画館のワークショップのため帰省します。
久しぶりの長めの帰省となりますが、私の故郷はご存知のように
美術館がたくさんあって、まだ肌寒いですが新緑がかがやく良い季節なので
いろいろみてこようかな、と思っています!

お仕事のご発注はお手数ですが、この前後でよろしくお願いいたします016.gif
ワークショップは10時からとなります。
ぜひ遊びにいらしてくださいね!
by natsu_miyazawa | 2012-05-04 23:59 | しごと | Comments(0)

お休みと、ただいま〜

帰郷した以外は、ほとんどかわらぬ日々でしたが
たくさん遊んでおかげさまでたーっぷり充電しました!
機械関係もぶじ直り、万全の体制でまたがんばりますねー!(11/7)


056.gifお休み期間:11/1〜6(うち長野は2~4)
固定電話、携帯、メールは通常通り確認できますので
何かございましたらどうぞよろしくお願いいたします。
056.gif
by natsu_miyazawa | 2011-11-06 23:59 | しごと | Comments(0)


HPはnatsumiyazawa.com


by 宮澤ナツ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ようこそ!

お問い合わせ・ご依頼は
公式HP内「お問い合わせ」
メールでどうぞ
035.gif2017.2.16より
HPのURLが変わりました

宮澤ナツ_絵本イラスト


facebook
twitter
当ブログの画像および
テキストの無断使用、
転載はご遠慮ください。
使用料が発生します



::::::リンク::::::

サンディエゴ在住の
中学んときの同級生
えだまめ漂流記

ブックデザイナー
清水佳子さんの日記
『しみず手帳』

才能あるキュートな変人!!
又男日記

彫刻家&
イラストレーター
ささきみえこさんのブログ
ささきみえこのブログ
サイト
森のなかで

グラフィックデザイナー
飛弾野由佳さんのまんが・
お仕事ブログ
金魚HOUSE

イラストと
日々の出来事
せきあやこの
「兎にも角にも」


謎の音楽ユニット
“34”のオフィシャルブログ
Happy“34”official blog

本、特にドイツ語関係の
本の万屋(よろずや)。
パプリカ商店

デザイナー阿部美樹子さんの
サイト気戸kico

東京・北参道にある
デザイン事務所
NILSON design studio

篆刻家・瀬川敦子さん所属
こんこんギャラリー

ブログパーツ

最新のコメント

わあ、こちらこそ気に留め..
by natsu_miyazawa at 13:33
ナツ イベントお疲れさ..
by ak at 22:48
富岡さま、素敵な感想をい..
by natsu_miyazawa at 16:30

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
えほん
しごと

音楽
自然

映画
スポーツ
健康

動物
歴史モノ
イベント

イソップ物語
ショップ
くらし
スケッチブック
未分類