カテゴリ:絵( 224 )

シンプルなものほど難しいねー

誰もが知っていて、
味わったことのある果物を
絵と版画それぞれで描いてみました。

e0026053_13252561.jpg
e0026053_13262806.jpg
うーむ、難しかった....



まだ疲れが残っているけど
趣味のイベントが終了し
(写真来ましたらアップしますね)
ようやく秋になった感です。
基本ひとりで作業しているけど
たまに人と何かすると、
いろんなことがわかって
いいのかもしれません。
どっちが向いているかと言えば....
答えは明白ですが。

一区切りついた趣味の活動ですが
これからどうしようか思案中。
きっとまた元気になったら
新しい場所で始めるでしょう016.gif

...すごーく疲れたから
とりあえず趣味活動は
しばらくお休みしまーす


by natsu_miyazawa | 2016-09-09 13:33 | | Comments(0)

少しだけ振り返る

「あれ?....
こっちはちょっと前の仕事だよね?
でもほら、今と一緒、
変わらないね!」

EXPOに来てくれた
長い付き合いのデザイナーさんが
イベント用にしつらえた
私のブースを見てそう言った。



仕事として日々描きながら、
そこで表しきれなかったものを
版画や大きな絵を描いて
苦しさを発散してきた。
自分で描く絵はコントロール不能で
ちっともうまくならない。
いろんな人に
仕事の絵と自分の絵が違うこと、
個展で発表する私の絵が
強い、くらい、重い、などと
ずうっと言われてきた。



時が過ぎ

当時 求められた
時流に合わせて描いた絵は
きれいさっぱり吹っ飛んで
手元には
強い、くらい、重い、と言われ
自分でも「残念ながら
こういうふうにしか
描けない」と開き直った
私の絵しかもうありません。

でもね、
それを気に入ってくれて
いただくお仕事ばかりになったよ。


時の流れで
流れちゃうものと、そうでないもの。
水底に残ったもの、
パンドラの箱に残ったものは
確か「希望」。

e0026053_14532451.jpg


「どれがあなたの絵かわからない」と
言われることはもうないです。

仕事の絵も、オリジナルの絵も、
版画も、ペインティングも
ぜーんぶ、違和感なく
同じ場所に展示して
来てくれた人が
ああ、宮澤ナツさんの絵だね、と
言ってくれるよ。


昔の自分に伝えたい。
ずっと続けていて良かったと。

少しだけ振り返って
今の幸せをかみしめる。


まだまだこれから!
by natsu_miyazawa | 2016-08-05 15:06 | | Comments(0)

インクのいろ、新作アップ!

インクのいろ056.gif
久々に新作アップしました〜

e0026053_20163829.jpg

こう見ると確かにプチコは、でかいですね....
大柄なDNAをお持ちです。
by natsu_miyazawa | 2016-05-16 20:18 | | Comments(0)

失敗作ですが

e0026053_18252167.jpg

とても気に入っているので補正してご紹介。
....思いつきでさっと作った3版を
組み合わせ刷ったのですが、
プレス圧で版が動いてしまい
なかなか決まりません。むむ。

完成と呼べるクオリティの作品は
近々私の版画サイト
「インクのいろ」で同時に製作した
新作ととも販売予定ですので
どうぞお楽しみに016.gif

毎日多くの方が見てくださっているのに
新作アップができずにいました。
すみません&感謝です056.gif
励みになります!

サイトは本当、やる気になれば
あっという間にできちゃう
フォーマットで溢れている分
何を発信したいのかを
じーっと考え始めたら

「今の自分が描いた絵」だ!
と。

これから数点描く予定です。
...我ながらめんどくさい性格...
でもきっと今月中には。

「アートぽい」と言われる
私の作品について
何より
取り組み方がそうなのかも、と
最近、自覚しましたよー

仕事の絵も進めながら調整したり
再発見しつつ完成させますしね...
(許される範囲内でですが)
こういうのって、色の感覚とともに
一生変わらない性質では、と思います。

ちょっと嫌だなあと思っている
癖、アク、みたいなところが
実は自分らしさが宿る
最後の砦になりうるのだと
フリーになって25年めの今、
改めて感じています。
by natsu_miyazawa | 2016-05-11 18:41 | | Comments(0)

「100人の鳥獣戯画」展、参加します!

100人の鳥獣戯画展
2016 年2 月8 日(月)~2 月27 日(土)
11:00~19:00 土曜日は17:00 まで  
祭日は平常通り 日曜休み
ピンポイントギャラリー

国宝「鳥獣戯画」は4 巻からなる
詞書のない絵巻で、平安・鎌倉の
世界に誇れる漫画として知られています。
その画面には、実に生き生きとした
動物たちが擬人化され描かれ、
「鳥獣戯画」の謎解きは
多くの人々を魅了してやみません。
そこで今回の企画は、
現代の鳥獣戯画の創作を
100人のイラストレーター、
絵本作家が挑みます。
インチサイズの小品が一堂に並びます。
(ギャラリーサイトより抜粋)
e0026053_19320822.jpg
私の作品、チラ見せでーす!
とっても楽しく描きました。
素晴らしい作家さんたちの作品とともに
どうぞお楽しみくださいませ。



by natsu_miyazawa | 2016-02-05 19:38 | | Comments(0)

ちと早い冬休み

12月が始まりましたー!
きっと秒速で過ぎるでしょう…
12/3〜6まで少し早い冬休みで
岡谷へ帰省します。
メール、携帯は
いつでもチェックしてますので
なにとぞよろしくお願いいたしますー

写真は姪オーダーの手描きパーカー。
来年から表紙を担当させていただく
冊子用にも、ライブペインティング風に
がーっと描きました。
いろんなタッチを描きますが
本人的にはどれも愛しい、私の003.gifです。

e0026053_20050492.jpg

by natsu_miyazawa | 2015-12-01 20:02 | | Comments(0)

辻はる子さんの版画展「散歩時間」


日が暮れて、薄暗くなってきた
吉祥寺の通りに面した画廊から
きりっとした作品群が見えてきたら
わくわくと、嬉しくなってきました。

辻はる子さんとは、
町田の美術館に併設の
工房で知り合いました。

工房は作業に集中する場として、
人との距離感が絶妙で、居心地がよく
多くの技法と友人とを得た場所です。
自宅にプレス機を置く前には
毎週末通っていたものでした。

辻さんの作品作りの工程は
当時線画しか知らなかった私にとって、
衝撃の連続!

まるで彫刻や大工仕事?の結果
立体的に作られたハードな画面に
実年齢よりもかなり若く、
かわいらしい小柄な辻さんが
淡々と対峙しているのを見るのが
愛らしくて、好ましかったです。

なにより
刷り上がった作品の
恐るべき完成度、個性、孤高さ。
この人のなかに、こんなすごいものが
入っているのかあ...
その印象、クオリティの高さは
今でも変わりません。まさに作家仕事!

今回展示されている作品に 
私が強く感じたのは
「いま」。
いまの世の中の、空気感。
時にごちゃごちゃと、でも生き生きと
疾走感あふれる都会のど真ん中の
「いま」でした。
作っている人間の意識が、そのまま
写り込んでしまうのが作品だけど
辻さんのそれは、
とれとれ、ぴちぴち、新鮮な「いま」を
生き生きと表現している。
そのフレッシュな視点こそが
辻はる子さん、
その人なのでしょう。

ぜひ会場で感じてください。
かなり強い風が吹いてますが、
とても心地よいです。
e0026053_10593825.jpg
e0026053_10593282.jpg
e0026053_10592366.jpg
e0026053_10582998.jpg
e0026053_10584513.jpg
辻はる子「散歩時間」
10/15(木)〜/21(水)
(最終日は17:00まで)






by natsu_miyazawa | 2015-10-16 11:30 | | Comments(0)

ブログタイトルを変えました

スマホユーザーになった八十歳近くの
父から届く怪メールとともに
「なんで『左足のウラ』っていうだ?」と
質問が。

ブログを始めてから十年、
サイト内に作った日記からは
12年くらい?かなー
ずうっと「左足のウラ」という
タイトルでしたが...

わかりにくい.....よね。
シンプルに変えました。

このところ
私が何気なく好きなもの、選ぶ言葉などが
とてもマニアックなのだと
改めて感じることが多く、
意図せず「わかりにくい」
「ややこしい」「こんがらがった」ものを
発信しているかも!いや、してる!
と、ちょこっと反省しました。

私という人間の根幹を変えることは
いまさら無理ですが、せめて
少しでもわかりやすくシンプルに
工夫出来ることは
どんどんそうしていこう!017.gif
キャンペーンを貼ることに。

というわけでみなさま、
私がヘンなこと言ってたら、
「わからないよ〜」と教えてね053.gif

e0026053_11231295.jpg
「左足のウラ」には...

いちおう意味はあって
心の中のイメージは「地下世界」で
私が大地に触れている
左足(左利きなので)は
地下世界、インナーワールドの入り口、
っていう....

もうひとつはインターネット上の
マイナーなサイトに、当時
「下水道」とかそういう
サブカル系の名前が使われていて
そのイメージもありました。


ああ、でもこうして書いても
「なんじゃ、それ....」だあ.....









by natsu_miyazawa | 2015-09-28 11:37 | | Comments(0)

nmブランドTシャツ新作と選び方など

e0026053_11174542.jpg

ショップオープンから2週間あまり。
作るのが楽しくていろんなバリエーションを増やしています。フフフ。
手芸や工作が苦手な私は昨今はやりの「作家もの手作り」世界には
とても手が届きませんが、こうして便利なシステムを駆使すれば
完成度や品質共にショップで購入するものと変わらないクオリティで
作ることができて...よかったあー
子供の頃から立体モノ(ぬいぐるみとかマスコット?とか)より
印刷された絵が好きだったせいもあり
(お菓子のクッキーの写真やチラシを切り抜いて集めたりも)
すっかりハマってます。
やっぱり最終型をどれだけもともと好きかを問われる気がするのね、グッズって。
ぬいぐるみが大好きな人の作ったぬいぐるみは
興味がない私でも「うわあああ、かわいい!」と思うもの。
すべては愛情ですよね016.gif

e0026053_1118916.jpg
e0026053_11182313.jpg

e0026053_11183425.jpg


ネットショップで難しいのは自分にぴったりのサイズを選ぶこと。
このシステムだといろんなメーカーのTシャツが選べるのもいいなと思いました。
男性もネックのかたち(夫はVが死ぬほど似合わない...)や肩幅が重要だけど
女性は体の厚みや骨格、バストとチェックする項目が多い気がする。
スタイルの良い方はいろんなの似合うからいいとして

例えば妙齢Mサイズ(156センチ55キロ以上!ウエスト63)の私は
骨太でバストが大きめなので気を遣います。
ともすれば大デブに見えてしまう危険性が!(小デブではありますが)
サイズが大きいと大デブ、ピチピチは世間様のためにも自分のためにも避けたいし...
そんな方におすすめメーカーはJellanです。
ほどよくフィットしてLでいい感じでしたよ〜
いがいとジャケットなど若干フォーマルな装いにも合います。
United AthleのSもカジュアルに着れるので男女共用サイズのSは定番かな。
そして私が最も似合うTシャツメーカーはPrintstarのWLです。
ネックの空き具合、ボディのフィット加減、着丈と
私のベストはこちらでした。次回からこれ専門で注文しよ!
一般的にはDALUCが若い人やスレンダーな日本女性には合うと思います。
しかし私のように体が厚いと、プロレス臭が漂うので(笑)何かしら羽織らないと...ははは。
今は既成のTシャツでも様々なメーカー、かたちがありますので
皆さんもベストなメーカーさんをおさえておくと購入する時に参考になるかもです。

色選びはパーソナルカラー診断をご参考にどうぞ。
私はブルーベースの冬(一部の夏もOK)なので、基本はっきりした色を選んでいますが
サイズだけじゃなくて色も好きに選べるから、迷った時に大いに参考になりますよ!
e0026053_11524139.jpg

DALUCのL、ベビーピンクです。パーカーの青でひきしめました。
(赤いのはキーボードカバー 笑)
ぼんやりしそうなときはこうして別の色を足せば大丈夫です。
Tシャツは熱帯化しつつある日本では着用期間の長いアイテム。
手頃さも魅力ですし、ぜひ楽しみましょう〜!

宮澤ナツの公式ショップ「nm(エヌエム)」はこちらです016.gif
by natsu_miyazawa | 2015-06-23 12:03 | | Comments(0)

年賀ひつじ

e0026053_1212029.jpg

フリーになってから断続的にお世話になっている編集者さんから
部署の年賀状を頼まれて制作しました。
デザインはその編集者さんつながりでずっとお世話になり
今は友人としてもおつき合いしている阿部美樹子さん

昨日アップした作品と違い、こちらは版画の技法です。
3版に分け、それぞれ制作しました。
ブルーの輪郭線と、雲のようなベタの面、そして
ラフな筆使い(指でやってます)の線。

デザインは見習い程度の知識、技術しかありませんが
ほんのちょっとこの色が数ミリ右だったら、など
わずかの差で印象が変わるので、データ入稿ということもあり
デザインの余地を残すためあえて一枚に刷らず
3枚のレイヤーで調整出来るようにしています。
「間」は、やっぱり
デザイナーさんの腕のふるいどころですものねー

今やpcでの作業は、なくてはならないものとなりましたが
いつもスキャンしてモニターで確認して感じるのは
もとの画像がよくなければいくら手を加えても
作品そのものがよくなることはない!こと。

デジタルに変換すると情報量が1割程度になるそうですが
だからこそ元、芯、核になるものの揺るがなさは必須です。

デジタルかアナログか、どちらかではなく
どちらの特性もこだわらずに生かして
最終的に手にとった方が「わあ、いいなあ」と思うような作品を
今年も作って行きたいと思います。
by natsu_miyazawa | 2015-01-10 12:32 | | Comments(0)


HPはnatsumiyazawa.com


by 宮澤ナツ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ようこそ!

お問い合わせ・ご依頼は
公式HP内「お問い合わせ」
メールでどうぞ
035.gif2017.2.16より
HPのURLが変わりました

宮澤ナツ_絵本イラスト


facebook
twitter
当ブログの画像および
テキストの無断使用、
転載はご遠慮ください。
使用料が発生します



::::::リンク::::::

サンディエゴ在住の
中学んときの同級生
えだまめ漂流記

ブックデザイナー
清水佳子さんの日記
『しみず手帳』

才能あるキュートな変人!!
又男日記

彫刻家&
イラストレーター
ささきみえこさんのブログ
ささきみえこのブログ
サイト
森のなかで

グラフィックデザイナー
飛弾野由佳さんのまんが・
お仕事ブログ
金魚HOUSE

イラストと
日々の出来事
せきあやこの
「兎にも角にも」


謎の音楽ユニット
“34”のオフィシャルブログ
Happy“34”official blog

本、特にドイツ語関係の
本の万屋(よろずや)。
パプリカ商店

デザイナー阿部美樹子さんの
サイト気戸kico

東京・北参道にある
デザイン事務所
NILSON design studio

篆刻家・瀬川敦子さん所属
こんこんギャラリー

ブログパーツ

最新のコメント

わあ、こちらこそ気に留め..
by natsu_miyazawa at 13:33
ナツ イベントお疲れさ..
by ak at 22:48
富岡さま、素敵な感想をい..
by natsu_miyazawa at 16:30

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
えほん
しごと

音楽
自然

映画
スポーツ
健康

動物
歴史モノ
イベント

イソップ物語
ショップ
くらし
スケッチブック
未分類