<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました!

2007年はみなさんにとってどんな年になりましたか?

年末も今頃になると出来たこと出来なかったこと、来年にはこうしたい!などといろんな事を考えますよねー。毎年同じようでいて二度とない時間だなあ、と。同じ日は一日もない!みなさんもいろいろ思うところあると思いますが個人的には、自分らしく正直に、来年も過ごすごとが出来たらと.....


今年も一年、たくさんの方にお会いして助けていただいたり、楽しく過ごさせていただきどうもありがとうございました!
どうか風邪などひかれませんよう、お正月休みをゆっくり、楽しんでくださいね。
...年末年始はあちこち移動しますが携帯で更新出来たらと思います。

よいお年をお迎えくださいませ!

056.gif056.gif
e0026053_16304287.jpg
宮澤ナツのサイト056.gif
by natsu_miyazawa | 2007-12-30 16:34 | Comments(0)

COUNTDOWN!

行って来ました。いま帰りで携帯からの更新をしてます。初めてのイベントでしたが快適でびっくり。うちより暖かかったです。ブンブンサテライツもよかったけどずっと見たかったコーネリアスは映画をみたような気分に。すごいポップセンスだなあ。
はんがプレゼントのご応募もぼちぼちいただきありがとうございます!締め切りは1月6日ですのでどうぞよろしくお願いしますねー。
by natsu_miyazawa | 2007-12-29 22:11 | Comments(0)

年の瀬

師走の夜はしんしんと冷える。
ずっと話したいなあと思う人たちがいて、また大勢が苦手な私たちにとって「みんなと話せる」ちょうどいい人数での楽しい忘年会。ディープなところで生きてる人の目線や創作についてめいっぱい話す。どんどん話が湧き出てきて、こういう夜は奇跡みたい。

ずっと夜だといいのになあと。

e0026053_1442342.jpg

宮澤ナツのサイト
by natsu_miyazawa | 2007-12-28 14:42 | 自然 | Comments(0)

ごろごろにゃーん

昨日、トムズボックスさんで長新太さんの展覧会をみた。
うむむむむ。ほんとにすごい。すてき。あっというまに気持ちをもってかれる。
子どもの頃大好きだった「ぴかくんめをまわす」もあった。大人になってからあらためて手に入れたけど懐かしい、というよりついさっき描かれたかの様。新鮮さはちっさい子どもにダイレクトに響くんだろうなあ。
ギャラリーの笹倉さんがお声をかけてくださり、これまた素敵なお話を伺った。

20代のカップルの男の子がね、この本知ってる!って「ごろごろにゃーん」を声に出して(覚えてた?)読んでいたんですよー「ごろごろにゃーん ごろごろにゃーん」って。

幸せな気持ちになったのでうっかり定休日という事をわすれていた神沢利子さんの展覧会は、ああ残念!!というよりもまあいっか、また出直そう!というおだやかーな気持ちに。しかし会場の入り口がしまっていることにも気づかなかった....あははははー

家に帰って夫に「ごろごろにゃーん」を読ませる。
しばらく「ごろごろにゃーん ごろごろにゃーん」と(節つきで)歌ってた。060.gif
e0026053_11411371.jpg

by natsu_miyazawa | 2007-12-27 11:45 | | Comments(0)

クリスマスの思い出

小さいころ、本当に寒くてたくさん雪が降っていたクリスマス。うちは当時部屋が3つしかない小さな家でツリーはテレビの上にちっさいのがささやかに飾られた。私が生まれた年にオルゴール工場をはじめた両親は忙しく、仕事の合間に工場と家の間を母がとぶように行き来して家事をこなしていた。
つもった雪あかりで明るい夜、雪だるまを転がして作ったり、いい感じの坂になっているお墓の坂で兄とそりで遊んだり(あわわわわ)。

ツリーの小ささにぐずっていた私に、忙しい母が誇らしく「外に出てみ」と。
そこそこ大きくなった庭木に、テレビの上の小さいツリーにかけていた電飾を飾り(配線はどうしていたのか?工場だからいろいろあったのかな)積もった雪に色とりどりの光が反射しキラキラして、ものすごくきれい。街と街の間に建つさみしい真っ暗な道はかえって明かりをひきたて私はもう、大喜び!....忘れられない思い出です。

ライトアップすることが一般的ではなかった70年代中頃のこと。

そしていま私が住んでいる家もやっぱり平屋で部屋が3つしかない。
めいっぱい電飾をつけたお家をみると、とてもしあわせな気分になる。
メリークリスマス!

e0026053_171482.jpg

(ちなみにうちの父は体当たりの遊び担当。でちょっと不器用...なので今でも組み立てたりなにか作るのは母の役目なのです。私はどっちに似たのか?....どっちとも!)
by natsu_miyazawa | 2007-12-25 17:24 | 自然 | Comments(0)

カウントダウンー!

空けてもらった29日、どうしても行きたいチケットを取るためオークションというものにはじめて参加しました。どきどきでしたよー。なんかへんなアドレナリンが出て、PCのむこうにいる同志たち(欲しい気持ちは一緒だよね)とのせめぎ合い。せめぎ合いに向かない私たちは2度目のチャレンジでまあ、そこそこの価格(金券ショップよりも安い)で無事落札。はー。これで行ける!しみずさーん、がんばったよー
何を見にいくかはもうバレバレのブンブンサテライツです。今のブンサテ(って最近はいわれてますね。えええ)は今までで一番好きな世界なので嬉しいです!テレ朝の特番もしっかり見て、寝不足で翌日工房に版画を刷りに行きました....

さて、サイトトップでもお知らせしておりますが、今年一年の感謝&来年の幸せを祈って版画のプレゼントをさせていただきました。ねずみは来年の干支。豊穣の神様、大黒様の使いでもあります。ぜひぜひ、ご連絡お待ちしておりますね。
e0026053_14315836.jpg
宮澤ナツのサイト
by natsu_miyazawa | 2007-12-24 14:37 | 音楽 | Comments(4)

箱はこハコ!

ピンポイントギャラリーさんで「パンドラの箱」展をみた。
さほど大きくないのにたっぷりと豊かに広がる箱たち。ぐぐーっと近づいてそれぞれの作家さんの「パンドラの箱」を鑑賞する。この箱には世界にとびさった疫病、悲嘆、欠乏などのヤバイものたちと、唯一残った希望が入ってたそうな。(いろんな説があります。ググってくださいね)けれどここでの箱たちは作家さんのダイジナナニカがきっちりと収納されていた気がした。

箱というとジョセフ・コーネルのだいすきな作品を思い出します。シカゴの美術館には2回も見に行きましたがなんともいえない郷愁的な雰囲気で、トム・リーミィの短編みたいな....マニアかな?

コラージュとかインスタレーションを盛り込んだ作品は空間が出来て大好きなんだけど、自分で作るとなると大変むずかしい。どうしてもやりすぎちゃうんだよね。で、空間がなくなってしまう。絵でもその傾向はありますが.....

師走の街はがさがさしてよく人にぶつかるけど、まだまだ見たい展覧会がいっぱい。
ぜひ今年のうちに!
e0026053_1946577.jpg

by natsu_miyazawa | 2007-12-20 19:50 | | Comments(0)

めんどくさい

天気もよくて気分も上々。睡眠も足りおなかもいっぱい。
なのに。

一度脳がカタルシスを経験すると何度もおなじシゲキを求めてしまう。
意識してもしなくても、しんどいとこまでぐーっと自分をもっていって、最高に気持ちいいとこに到達させるプロセス。おおお!なんて幸せ。すべてが輝いて見える瞬間!.....しかし一瞬で去ってしまう。

未だに思春期みたいに音楽に没頭するのもその感覚を疑似体験出来るからで、プロセスを踏まない分自分にとっては手軽で都合よい刺激。けれどしょせん人の作ったもの、いくらよくてもなんだか居心地が悪くなるのは「自分の」じゃないから。

ああもうおお。めんどくせーな、自分。


エンドレスに回り続ける思考にやがて苛まれ、どっこいしょっと始める。このくりかえしだ。私は勤勉なんかじゃなくてただただ、本能的なシゲキを求めてでここまできているだけのこと。


けどめんどくさい作品や人がだいすきなのも本当だ。



e0026053_1445011.jpg

by natsu_miyazawa | 2007-12-17 14:15 | | Comments(0)

共同作業

私は協調性がないくせに、共同作業がすきだ。

今日は美容関係のすてきな冊子の撮影で、スタジオで絵を描いた。俳優さんを引き立てるために私のぼんやりとしたイメージを現場で出会ったそれぞれの分野のプロの方々と話し固めていく。いろんな視点からの考え方や見え方があってとっても楽しいし、またシゲキに。ふだん人に会わないぶんここぞとばかり伺う。

私がわからない機械や作業の微調整を経て、カメラマンさんスタンバイ。セレクトした衣装をバックにあわせてくださった絵がお好きなスタイリストさんや仕上がった写真をみて次回のプランを練っていたメイクさん。今日のセッティングをしてうまく進行できるよう気をまわしている事務所の方々や編プロさん。さらに私をご紹介くださった猫好きのもと編集長、エディターさん。そしてもちろん、ぴしっとかっこよく、主役として自分の仕事をきちっとキメる俳優さん。

その足で別の打ち合わせへ。今度は楽器も演奏する編集者さんと自転車ライダー(すごい!)デザイナーさんとのコラボ。「こういうのは?」「これもいいかな....」アイデアがどんなふうに展開してゆくのか楽しみ!

プロってかっこいいな。こういう場にいられて幸せだ。
e0026053_2114123.jpg

by natsu_miyazawa | 2007-12-10 21:15 | | Comments(0)

洗濯革命。レボリューション!

カビペット撲滅運動も今週の乾いた冬の空気で一網打尽。「洗って干してからっと乾く」のいいローテーションにはまってます。冬の乾いた空気ってすきだなあ。

自動でおふろの残り水を吸い上げる装置があって先日ようやく取り付けた。その効果は素晴らしく、いままでハダシでぬれながらバケツでくみ上げ水をその辺にぶちまけながらこれってちょっとした筋トレかも!となかなか設置に踏み切れずにいたけれど....やっぱり便利なものには一瞬で慣れる。いいねー! しかも安い!三千円くらいだったかな。

さらにもう一つの変革は合成洗剤(石けん風)から粉石けんに変えたこと。生協を利用していて合成洗剤で洗ったものとの比較の写真(3倍くらい石けんで洗ったのがふくらんでた)を何度か目にし、あのふわっふわっとしたタオルにぐっときていた.....本当なの?


私の鼻は人とすれ違った瞬間、その人がどこにいたのか、その服をどこにしまっていたのか、昨日何を食べたとか風邪気味だとかだいたいわかる。自分にもそう。だから臭いが消える洗剤とかも思いっきり使っていたんだけど、何度か洗ううちに衣類がぺったりしぼんでしまうのが気になっていた。重くさえある。当然吸水力も落ち、汚れとは違う別のナニカが蓄積されている感じ。

粉石けんは溶け残りを防ぐために泡立て洗顔用ネットに入れて、あとは普通に洗うだけ。ほわっとした肌触りで全体的に衣類が「素直」になった感じがして使い方もそんなに面倒じゃないし(これ大事!)さっそく追加注文しました。肝心のニオイ移りは今のところ気にならないし。冬だからかもしれないけれど。

環境に優しくしたいとは思うけれど、すべてをいっぺんにあっという間に変えるというのは難しい。重層やクエン酸がいいのは知っているけどまだ残っている洗剤(2年ぐらい。なかなかなくならない)を使わず捨てるのはもったいない気もするしなあ....

やれるところから改革してくか!
e0026053_1336979.jpg

by natsu_miyazawa | 2007-12-07 13:46 | 自然 | Comments(0)


HPはnatsumiyazawa.com


by 宮澤ナツ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ようこそ!

お問い合わせ・ご依頼は
公式HP内「お問い合わせ」
メールでどうぞ
035.gif2017.2.16より
HPのURLが変わりました

宮澤ナツ_絵本イラスト


facebook
twitter
当ブログの画像および
テキストの無断使用、
転載はご遠慮ください。
使用料が発生します



::::::リンク::::::

サンディエゴ在住の
中学んときの同級生
えだまめ漂流記

ブックデザイナー
清水佳子さんの日記
『しみず手帳』

才能あるキュートな変人!!
又男日記

彫刻家&
イラストレーター
ささきみえこさんのブログ
ささきみえこのブログ
サイト
森のなかで

グラフィックデザイナー
飛弾野由佳さんのまんが・
お仕事ブログ
金魚HOUSE

イラストと
日々の出来事
せきあやこの
「兎にも角にも」


謎の音楽ユニット
“34”のオフィシャルブログ
Happy“34”official blog

本、特にドイツ語関係の
本の万屋(よろずや)。
パプリカ商店

デザイナー阿部美樹子さんの
サイト気戸kico

東京・北参道にある
デザイン事務所
NILSON design studio

篆刻家・瀬川敦子さん所属
こんこんギャラリー

ブログパーツ

最新のコメント

わあ、こちらこそ気に留め..
by natsu_miyazawa at 13:33
ナツ イベントお疲れさ..
by ak at 22:48
富岡さま、素敵な感想をい..
by natsu_miyazawa at 16:30

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
えほん
しごと

音楽
自然

映画
スポーツ
健康

動物
歴史モノ
イベント

イソップ物語
ショップ
くらし
スケッチブック
未分類