<   2012年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Aesop'sFables イソップ寓話集より:126/コクマルガラスと狐

e0026053_12104949.jpg

腹を空かせたコクマルガラスがイチジクの木にとまって
まだ熟れていない実がなるのをずっと待っていた。
いつまでもそうしているのをキツネがみつけ
「夢をみて、なんにも腹の足しにならない希望に身を任せるなんて
.....まったく馬鹿げているよ」

でも私の心の中でキツネは、そんなコクマルガラスに
実がなるまでずっとつき合う気がする。
きっと!


「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-01-30 12:11 | イソップ物語 | Comments(0)

Aesop'sFables イソップ寓話集より:125/ハシボソガラスとカラス

e0026053_11162750.jpg

カラスは人間の占いの前兆として、未来を予知し、人間の証人にもなる。
これを羨んだハシボソガラスが、旅人が通りかかるのを発見!
さっそく木の上で高々と声を上げた。
旅人はぎょっとして見上げたが、すぐに
「なんだハシボソか。あれが鳴いても、前兆にはならぬ」

張り合っても同等になれないばかりか、笑い者になるのがオチだ。


カラスシリーズです。
ヨーロッパで見かけたずんぐりした黒っぽい鳥はなんだろう、と
思っていたのですが、カラスの一種でどうやらミヤマガラスというらしい....
ここで出て来るお告げをするのはワタリガラスと思われます。
日本でポピュラーなハシブトやホシボソ(山間部に多い)も
いることはいるのですね。しかし軽く見られていることは確か。

私の勝手なイメージではハシブトはずーずーしく、
ハシボソはシャイ、です。
でも烏をかわいがっていた父に言わせると
学校の送り迎えをしてくれる、かしこくてかわいい鳥だったとのこと。
(たぶんハシボソ。長野なので)

こちらのサイトにわかりやすいイラストつきでありました!
参照させていただきますね。
<カラスの身上>ニッポンで見られるカラスの種類
愛があるなあ〜

「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-01-27 11:23 | イソップ物語 | Comments(0)

黄色いハワイアンキルト。「ファミリー・ツリー」

良い映画は段差なく、バリアフリーで
あっというまに引き込まれる。
美しいハワイの風景もつらく、楽園に見えなくなるくらい。

ファミリー・ツリーは第84回アカデミー賞において
作品賞/監督賞(アレクサンダー・ペイン)/
主演男優入賞(ジョージ・クルーニー)/
脚本賞/編集賞にノミネートされています。当然だろうなあー
むしろ取るべき作品だと強く感じました。
発表は2月26日ですのでご期待を!

すべてにおいてバランスよく
すべてがすべてをひき立てている。
ジョージ・クルーニーの魅力は他の俳優人によって
カメラによって、監督によって。
そして舞台となった「楽園」の
楽園らしからぬところ、楽園がゆえの悲しさ。暖かさ。

印象に残ったシーンは数限りなくありますが.....
ほんの一瞬のしぐさに演技とは思えない共感を持ちました。
例えばマット(ジョージ・クルーニー)の妻エリザベスの父親が
病床の娘の髪に触れるところや
すばらしい娘役のふたりの表情や。

そして
私が個人的にチェックしてほしいのは
美しいハワイの自然と
タイトルにした黄色いハワイアンキルト!
キルトはハワイの伝統そのものを象徴し、そして.....
(あ、あと姉妹の妹役、スコッティ(アマラ・ミラー)ちゃんの
ぽっこりしたおなかもかわいい!)
e0026053_1234882.jpg

2012年4月GW、TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開
アメリカ,20世紀フォックス映画
© 2011 Twentieth Century Fox

良い映画って、かくことないなあ.....
by natsu_miyazawa | 2012-01-26 12:12 | 映画 | Comments(0)

スイッチがon(もしくはoff)

連載も残り一回で終了とのこと、たくさんの映画をみて
自分の中で「まとめて、おとしこむ」作業は、漠然と鑑賞するのと違い
自らの作品制作にとっても役立っています。今回も!

動物はすべてだいすきなのですが、私にとって馬は
なかなか触れる機会の少ない憧れの動物です。
スピルバーグ監督の「戦火の馬」は、既に小説を舞台化された
鉄板のクオリティのストーリーが元になっていて
イギリスの大自然と美しい馬と、純朴な青年、
カリカチュア化された登場人物たちもわかりやすく
心を打つシーンも多く、泣いている方も。
いわゆる「いい映画」でしょう。

しかーし。

さすがスピルバーグ。イギリスにはみえない.....
むしろアメリカだ。これ。

後半のある場面から、それまで生き生きと描いていた戦闘シーン
(苦手なので目を背けていましたが)を経て、
培ったそれなりのリアリティと
馬たちのせつなさにそこそこグッときていたのですが....

急に、ぱたっと冷めて、それからずっとそのままでした。


なんだなんだ?......

ああああ!これが!そっかあああ
これが「あらすじを追う」ことなんだ!!!わかったぞおお

私は絵本を制作しています。
絵はともかく、お話を考えるのが至難の業ですが
よくないとされているのが「あらすじを追う」こと。
話をつくることじたいが、あらすじを考えるのと一緒では?と
思っていて
いまいちどういうことなのがわかっていなかったのですが
こういうことだったのか。

もともとしっかりしたストーリィがあるこの映画、
その分「まいた種の刈り入れ」作業が後半、
気になって仕方なかったのです。
この場合、刈り入れ作業は別のいい方をすると
「つじつま合わせ」とか「説明」ともいえます....
この場面は作り手側のみが「気になるところ」を説明して
消化している!んだとわかった瞬間、冷めた。のですよね....
観ている私たちはおいてかれる。


監督らしさが発揮されていると思われる戦闘、戦争の場面から
とつぜん「はい、ここから寓話ですよ、
これってほんとうのお話じゃありませんよー」ってなっちゃった。

しかしこれこそ「監督における作品の解釈」と言わざるを得ません....
私がアメリカ的だと思ったのは、さすがに地方のアメリカ人でも
「これはわかるでしょ」ってくらい、説明し尽くすところと
グレーゾーンが排斥されているところ。あああ....

4月公開のこの映画、残念ながら私にとっては
「いい教訓」と「うつくしい馬」の映画、と言わざるを得ません。
が皆さんにとってはどうなのか、伺ってみたいです。
by natsu_miyazawa | 2012-01-25 12:01 | 映画 | Comments(0)

Aesop'sFables イソップ寓話集より:124/烏と狐

e0026053_1033519.jpg


カラスが肉をかっさらってきて、木の上にとまった。
それをみたキツネが「見目麗しいカラスどの。
誰よりも王にふさわしい!」とかなんとか、お世辞を言う....
「声さえあればやすやすと王になれるでしょうに」

カラスが高々と声をあげると、くわえていた肉を落とした。
キツネは肉をすかさずひっつかみ
「カラスさん、もっと利口だったらよかったのにね」
考えの足りない人にこのお話はぴったり!ですって。

以前童話の全集で同じお話の絵を描きました。
短いけどよくできてるテキストだから紹介もしやすいですよねー

「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-01-24 10:33 | イソップ物語 | Comments(0)

Aesop'sFables イソップ寓話集より:123/黒丸烏と烏

e0026053_16135476.jpg


たっぷり休んでしまい、なかなかリズムがもどりませんが
123話めを1月23日にアップするのもいいなあ、と思い。

ひときわ身体の大きなコクマルガラスが、同類たちを馬鹿にして
カラスのもとへ出かけて仲間に入れてほしいと頼んだが
カラスはあやしんで叩き出してしまった。

もとの仲間のところへ戻ったが、侮辱に憤慨した仲間たちは
とうぜん迎えるはずもなく
どちらとも一緒に暮らせなくなってしまった、とさ。

教訓には「祖国を捨てて他国を選んでも、結局はよそ者として
どちらにもなじめない」とありますが
田舎から帰って来たばかりの私には、複雑な思いも....
たしかにどちらの住民とも言えない自分がいます。
絵ではさみしいような、しがらみがなくて楽なような、
コクマルガラスを描きました。

「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-01-23 16:13 | イソップ物語 | Comments(0)

Aesop'sFables イソップ寓話集より:122/泥棒と雄鶏

e0026053_13534273.jpg


泥棒どもが家に忍び込んだが、雄鶏一羽のほかは
何も見つからなかったので、奪って逃げた。

雄鶏は「人間を仕事へとき起こす、
役に立つ鳥だから逃がしてください」と頼んだが、泥棒は
「それならなおのこと殺してやる。奴らを起こすのは
わしらの盗みの邪魔になるだけだ」

正しく役に立つものほど、悪人には都合が悪い。

うううううううーむ.......
雄鶏はチキンソテーになっちゃったのかなあ.......

「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-01-17 13:53 | イソップ物語 | Comments(0)

Aesop'sFables イソップ寓話集より:121/竪琴弾きの歌手

e0026053_15295758.jpg


「竪琴弾きの歌手」は、現代に置きかえると
弾き語りのバンドマン、というところでしょうか....

へたくそな竪琴弾きの歌手が、いつも漆喰塗りの家で歌っていたが
声がよく反響するので自分がなかなかの美声だと思うようになった。
うぬぼれが高じて、ついに劇場の舞台に立ったが
その声は箸にも棒にもかからず、石を投げ付けられ、
ついには追い出されてしまった。

....舞台がちがえば無に等しい。


あああ、なんか、せつなーい。リアルに。
しかしひとごとではなーい!
「竪琴弾きの歌手」は、現代に置きかえると.....

絵の竪琴は古代ギリシャのキタラをモデルにしました。
やがてシタールや、まさに現代のギターの元となった楽器だそうです。

「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-01-13 15:30 | イソップ物語 | Comments(0)

Aesop'sFables イソップ寓話集より:120/庭師と犬

e0026053_121522.jpg


飼い犬が井戸にはまったので、
庭師は引き上げてやろうと後を追っておりた。
しかし主人が近づいて来ると、犬は沈められると思いかみついた。
庭師は
「こんな目に遭うのもしかたがない。
おまえが落ちる時に救ってやらなかったんだから」

恩を仇で返す恩知らずに向けて。


...庭師は噛まれたことを犬に怒るんじゃなくて、
そうなった責任も自分にある、と思っているんだよね?
なかなかどうして、立派なもんです。
つまり自分自身の責任だと認めている。
このさい恩知らずの犬はおいといて庭師に100万点!
(私も見習わないと....)

井戸にはまったそそっかしい犬は、
うちのプチコ(猫)とおなじ柄にしました。


「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-01-12 12:02 | イソップ物語 | Comments(0)

Aesop'sFables イソップ寓話集より:119/野菜に水をやる庭師

e0026053_11191120.png


今日のお話はシンプル。昨日の今日だからちょっとほっとします....

庭師が野菜に水をやっていると、通りがかりの人が
「雑草はよくはびこっているのに、庭の野菜が
ひょろひょうろとしなびているのはどうして」と、きいてきた。
すると庭師は
「大地は一方にとっては母、しかしもう一方にとっては継母だからさ」。

....教訓としては、そのまのずばり、継母に育てられた子と
実の母に育てられた子との差をかいているのですが
私の解釈はもっと広義です。
「誰にとってもいいものなんて、ない」。

ね?そのほうがしっくりきませんか。



「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-01-11 11:27 | イソップ物語 | Comments(0)


HPはnatsumiyazawa.com


by 宮澤ナツ

プロフィールを見る

ようこそ!

お問い合わせ・ご依頼は
公式HP内「お問い合わせ」
メールでどうぞ
035.gif2017.2.16より
HPのURLが変わりました

宮澤ナツ_絵本イラスト


facebook
twitter
当ブログの画像および
テキストの無断使用、
転載はご遠慮ください。
使用料が発生します



::::::リンク::::::

サンディエゴ在住の
中学んときの同級生
えだまめ漂流記

ブックデザイナー
清水佳子さんの日記
『しみず手帳』

才能あるキュートな変人!!
又男日記

彫刻家&
イラストレーター
ささきみえこさんのブログ
ささきみえこのブログ
サイト
森のなかで

グラフィックデザイナー
飛弾野由佳さんのまんが・
お仕事ブログ
金魚HOUSE

イラストと
日々の出来事
せきあやこの
「兎にも角にも」


謎の音楽ユニット
“34”のオフィシャルブログ
Happy“34”official blog

本、特にドイツ語関係の
本の万屋(よろずや)。
パプリカ商店

デザイナー阿部美樹子さんの
サイト気戸kico

東京・北参道にある
デザイン事務所
NILSON design studio

篆刻家・瀬川敦子さん所属
こんこんギャラリー

ブログパーツ

最新のコメント

わあ、こちらこそ気に留め..
by natsu_miyazawa at 13:33
ナツ イベントお疲れさ..
by ak at 22:48
富岡さま、素敵な感想をい..
by natsu_miyazawa at 16:30

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
more...

カテゴリ

全体
えほん
しごと

音楽
自然

映画
スポーツ
健康

動物
歴史モノ
イベント

イソップ物語
ショップ
くらし
スケッチブック
未分類