<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

楽しかったです

e0026053_102641.jpg

e0026053_10265648.jpg

晴天だけど、風があって日かげはひんやり。
とっても気持ちのよい日でした!
ひろーい公園で、用意した板はぜーんぶ描ききり
長さはなんとほぼ20メートル(!)に。
写真は2枚ずつなので、それでも10メートルかあ....
外だと小さく見えますね。
ご参加いただいたみなさま、関係者のみなさま
どうもありがとうございました!

次回野外WSは8月を予定してます。
炎天下ではなく、皆さんよくご存知のあの場所なので
夏真っ盛りでも涼しいかな?
by natsu_miyazawa | 2013-05-20 10:33 | Comments(0)

おそとで絵を描くの、たのしいよう!

5/18に地域限定イベントにてワークショップを実施します。
これまで経験したことのない大人数、およそ200名の方のご参加を予定していて
場所は気持ちの良さそうなすてきな公園!
住人の皆さんのちょっとしたお祭りもかねてのイベントになります。
さー、楽しんできますね。地域の皆様、何とぞよろしく016.gif

そしてまだだいぶ先の8月後半ですが、新宿駅西口広場でワークショップをしますよ!
夏の暑い時期ですが2日間に渡っておもしろ〜いことをぜひご一緒に。
こちらのイベントでは様々なかたちでご参加出来ます。
詳細は夢のみちサイトにて016.gif

今年はなかなか暖かくならず、うちもまだこたつがありますが....
東京の夏は過酷ですが暑さと楽しい思い出は私の中でもセットになってます。
ぜひみなさんの思い出にも「外で絵を描いて遊ぶ」楽しさがプラスされたら
私も嬉しいです。

e0026053_22452513.jpg

写真は懐かしの05年フジロック。「おそとで描く」の原点になりました。
ひゃー、たのしかったなあ〜035.gif
(今年はフジ、どうしようか悩み中。ソニマニは行きます)
by natsu_miyazawa | 2013-05-13 22:47 | イベント | Comments(0)

Aesop'sFables イソップ寓話集より:212:毛を刈られる羊

下手な毛の刈り方をされている羊が、刈り手に向かって言った。

「毛を刈るなら、もっと浅く切りなさい。
肉が欲しいのなら、ひと思いにばっさり殺して。
少しずつ苦しめるのはやめておくれ」
e0026053_1137950.jpg

不器用な人は、心して読むように。



「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ふと思い出したのは子供の頃庭先で親に髪を切られたこと。
羊の気持ちに近かったんじゃないかなあ....
「うわああ、なんてヘンな前髪」と。

身近では猫の入浴。こっちは刈り手の気持ちですね。
ぱぱっと終わらせてやりたいけど、
なんたって年に一度あるかないかのイベントだから
よーく、しっかり洗ってあげたいし...

どっちも真剣なのは変わりないかな。
by natsu_miyazawa | 2013-05-09 11:41 | イソップ物語 | Comments(0)

最後の銅版画(今のところ)

e0026053_1027678.jpg

e0026053_1134912.jpg

e0026053_115879.jpg

銅版画3部作、GW中に完成しました!

この技法は凹版画という版画で、低い溝にインクを詰め
プレス機という機械を使わないと刷れません。
溝をつくるためには薬品が必要だったり
尖ったもので版を引っ掻いたりいろんなやり方があります。
私が銅版画をはじめたのは91年。イラストレーターになった年です。
もうかれこれ二十年以上にもなり、楽しい趣味は
自宅にプレス機も構え、仕事としても受注しています。
ただし同じ技法でも、扱いやすい紙版を自分のフィールドにしているので
(このブログのヘッダーがそうです)
銅版を使ってのオーソドックスな「エッチング」のみでの描画は...数年振りでした。
細かい線と線のつらなり。面ではなく線。
私の絵の重要な要素です。


銅版画用の銅板は通常、日本では厚くても1ミリくらいで
使いやすいのは0.8ミリです。けれどこの版はアメリカ製で2ミリもあり
当時の純度の高い材質の為、切断するのに断裁機では無理で
腐食や手作業でなんとかカットし、描画し完成させました。

2ミリの銅版は、お世話になった方の遺品です。
ハイスペックなかっこいいアメリカ製の巨大なプレス機は
私に使ってほしいというありがたいお言葉を辞退して
より必要な大型の作品を制作する銅版画家の友人の手に渡り
その機械を導入する為のアトリエも準備すると聞いています。
大量にいただいた紙はまだありますが
しばらくいただいたままになっていた版は
ようやく作品として使わせていただきました。

ここ最近、今まで自分が取り組んできたことにたいして
洗い出しをずっとしているのですが、
版画の、最初にやった技法にもう一度トライするのは
思い出やあまい気持ちでは取り組めない「やりにくさ」を感じ
線を引くのにも一苦労でした。まったくもって思うようにいかない!
けれど、それが魅力だよなあと。

銅版はこれでひとまずおしまい。
またいつもの紙版に戻りますが、
私にとって版画の何がこんなに魅力的なのかを
十分堪能することができました。

私の作品を「おもしろい」と言ってくださった
懐かしいあの方に、みていただけたかな。
by natsu_miyazawa | 2013-05-07 11:01 | | Comments(0)


HPはnatsumiyazawa.com


by 宮澤ナツ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ようこそ!

お問い合わせ・ご依頼は
公式HP内「お問い合わせ」
メールでどうぞ
035.gif2017.2.16より
HPのURLが変わりました

宮澤ナツ_絵本イラスト


facebook
twitter
当ブログの画像および
テキストの無断使用、
転載はご遠慮ください。
使用料が発生します



::::::リンク::::::

サンディエゴ在住の
中学んときの同級生
えだまめ漂流記

ブックデザイナー
清水佳子さんの日記
『しみず手帳』

才能あるキュートな変人!!
又男日記

彫刻家&
イラストレーター
ささきみえこさんのブログ
ささきみえこのブログ
サイト
森のなかで

グラフィックデザイナー
飛弾野由佳さんのまんが・
お仕事ブログ
金魚HOUSE

イラストと
日々の出来事
せきあやこの
「兎にも角にも」


謎の音楽ユニット
“34”のオフィシャルブログ
Happy“34”official blog

本、特にドイツ語関係の
本の万屋(よろずや)。
パプリカ商店

デザイナー阿部美樹子さんの
サイト気戸kico

東京・北参道にある
デザイン事務所
NILSON design studio

篆刻家・瀬川敦子さん所属
こんこんギャラリー

ブログパーツ

最新のコメント

わあ、こちらこそ気に留め..
by natsu_miyazawa at 13:33
ナツ イベントお疲れさ..
by ak at 22:48
富岡さま、素敵な感想をい..
by natsu_miyazawa at 16:30

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
えほん
しごと

音楽
自然

映画
スポーツ
健康

動物
歴史モノ
イベント

イソップ物語
ショップ
くらし
スケッチブック
未分類