<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

もう猫はこりごり。地域猫のこと(長文です)

引っ越しが決まり、さて次にすべき重要事項は地域猫として面倒を見ている
メス2頭の猫たちのこと。地域猫とは、決して野良猫ではなく、私のような
ボランティアの手により避妊去勢手術を終えその印を耳先に残し、
その地域の方のお世話になりながら一生を過ごす猫たちのことです。
ちなみに手術費用は地方自治体から補助金が出ており(狛江市の場合はこちら
ここへ来て私たちが捕まえた猫たち7頭の分は、その補助金と足りない分は自腹で
手術は理解ある獣医さんのもとで行われました。
あとは地域の皆さんから寄せられた不要品をフリーマーケットなどで
販売し、その売上げで会の運営をされていますが
基本はボランティアなので、持ち出しになります。

もともと先住猫チビ太とプチコも、うちに来た猫が子猫のうちに連れてきたのを保護しました。
当初は里親さんを捜したのですがみつからず、大家さんを説得してうちの猫にしました。
その経緯がとても大変だったので地域猫のボランティアさんにお世話になりつつ
もう増えないように、チビプチの親猫たちやご近所でみかけた猫たちの手術や。
事故で死んだチビプチの猫の兄妹猫を見送ったりもしました。

しかーし、猫はどこかしら流れてくるものです。いたちごっこ。
2010年の12月頃から姿を現した3兄弟のうち、増える恐れのあるメス猫2頭
(なれてくると柄の様子等で性別がわかります)を
早々に捕獲器でつかまえ手術しリリース。
慣れていなかったので、まさかうちに居着くとは思ってもいなかったのですが
甘かった。それから今に至る3年もの間、ずーーーっとうちの庭をメインに
しっかり住み着いてしまったのです。あーあ。

残りオス1頭は1年ほど前に捕獲し、手術とともに里親さんが見つかりよかったのですが
さて残り2頭。どうしよう。さんざん悩みました。
既に地域猫として生きている彼女たちに私が飼育する義務はありません。
会にも相談しましたが、外で生活するのが当たり前の彼らを屋内飼育するのは
なかなか大変で保護に失敗したり脱走したりといろんなパターンがあり、
結果「猫に任せる」というのが最も多いとのことです。

で、ここ数日、数回にわけて捕獲に挑戦し、まあ大変で
一度は諦めリリースしたのですが、今現在一部屋を彼女たちの為に使用中。
ある程度なれていたので捕まえるのはさほど大変ではありませんでしたが
まー、ずっと外に居たので鳴くし騒ぐし、耳栓しても眠れず徹夜もしました。
一頭は病院も難なくクリアしたし、鳴き声が大きいくらいで
室内飼い向きかもですが、もう一頭は頭がよく、キツく
ボランティアの人にも「凶暴な猫」と言われていただけあって
慣れているけど手強い。負傷し傷は腫れました。
また、彼女は家以外のお宅にお世話になっている可能性が大きく
その辺が悩ましかったのですが、とりあえず捕獲と室内飼育に挑戦してみて
ダメだったら再び地域猫として生きてもらうか、
屋内でもいけそうだったら里親さんを募集する予定です。
(四頭飼育はうちの環境では多いので、里親さん募集の可能性は個人的に持っていたいのです)

この貸家に引っ越して来たその日から猫が来た、といっても
そもそも、すべては関わってしまった自分のせいでこうなっているので仕方がないですね。
けれど出来る限り誠意のある対応を心がけてきたせいか
ご近所の皆さんには、猫にまつわる一連の経緯についてお話ししているので
情報をいただいたり、ありがたい関わりを持てました。
(うちと同じ貸家のお隣さんも住み着いてしまった猫を飼ってます)
感謝!です。

今度の住まいはマンションなので、もうこういった関わりはこれでおしまい。
とっても勉強になったここ数年でした。
そもそも持ち家じゃないのに、保護しちゃダメだよねー
e0026053_12322154.jpg

写真のごまっち(多分プチコの父親。似てますよね)は
うちで手術をした後、ご近所のお宅の家猫として、ゆったり過ごしています。
よかったね。元気でね!

野良猫ちゃんと関わるのは命がけですが、それだけの価値があります。
けれどもう猫を呼ぶ自分も、これでおしまい。
自戒を込めて。

もし家の近くで増えていたり、私と同じような状況になって
困っている方は、ぜひその地域の保護団体に連絡を取ってみてくださいね。
「地域猫の会」で検索すると、お探しの市町村が出てくると思います。
慣れていても捕獲器がないと捕まえるのは難しいし
猫のツメ、牙による傷は重傷化する可能性があります。
猫ひっかき病
また、猫が嫌いな方、迷惑をされている方もたくさんいらっしゃると思います。
猫が好きな人は猫とそういう方々との間を取り持つ必要があると思います。
きちんとお話しして餌やりやトイレについて誠意をあらわせば
ご近所トラブルには決してなりません。





…この記事の二日後、二頭ともにあえなく屋内飼育を断念しました。
原因は閉じ込められた彼女たちの当たり前の抵抗と、
私のメンタルの弱さです。
時間をかける余裕が今の私の中にないのと、
今までは自分の中で「絶対にいいこと」と思いきれば
タフに対処出来ましたが、今回は私が引き受けることが
いいのか否かわからなかったことと、何より
気持ちが最初から折れっぱなしで
理性では引き受けたいのに、感情が負けました。
幸いこの地域には、他にもお世話をしている方々が
いらっしゃるので事情をお話ししますね。

私には無理だったというこの苦い結果を引き受けます。

すぐ近くにいて、いくらなれても
「うちの猫」になるには、容易ではないんだね。
by natsu_miyazawa | 2013-07-29 12:35 | | Comments(0)

陰山メソッド 徹底反復「計算プリント」リニューアル

およそ十年前、気の合う方々とチームで進めた大ヒットシリーズ。
ふたたびの登場です。
累計45万部の大ベストセラーの内容はお墨付き!ですが
私の担当した本文イラストは時の経過を感じさせないと
ありがたいご意見をいただき、一部はそのままカバーまわりにいかし
更に個展のみ挑戦した版画の技法を浮上させ
技法的には「過去の私と今の私」の、とてもめずらしいコラボとなりました!
e0026053_210414.jpg


著者の隂山先生はもちろんですが、編集者さんのあざやかな視点、
デザイナーさんの絶妙な空気感なしではありえない作品です。
この一連のシリーズの発売で売り場の彩りががらっと変わったことに
皆さんお気づきでしょうか?

続々と同シリーズのリニューアルが進行中。お楽しみに!

お仕事に恵まれて、幸せです。

陰山メソッド 徹底反復「計算プリント」
小学校1~6年
著/陰山英男 小学館
by natsu_miyazawa | 2013-07-16 21:04 | しごと | Comments(0)

「本と会えるあの場所へ」

私が所属する日本図書設計家協会の活動の一つ
新しいタイプのウェブマガジンB+(ビータス)の新しいコンテンツ
「本と会えるあの場所へ」の、イラストを担当しました。
取材には委員長の折原カズヒロさん、
文章を担当した清水佳子さんとご一緒に、
本業以外でも才能あふれるお二人と企画をつめつつもお茶を楽しみつつ
ぎっしりとある蔵書の数々を手にとりながら、おしゃべりに花が咲きましたよ〜
しみずさんもさっそく自身のブログ「しみず手帳」でご紹介してくださいました。
詳しい内容は本編で楽しんでもらうとして....
e0026053_1721632.jpg

本の装丁と相性のよい紙版画ですが、ルポのイラストは今回が初めて。
インクが乾いて版の上に残っていますがこちらが版です。
左のニードル(いろんな種類があります)でひっかいて線をつくります。
刷り上げた作品と描き文字はスキャンしPC上で調整してイラストにしています。
版画は出発点が趣味だったせいか、へんに気負わず制作できて
いい感じにすきまができるのが自分でも面白いです。
15日発売の大ヒットシリーズのリメイクでも、よりオリジナルな表現を
長いおつきあいの編集者さんやデザイナーさんに引き出せてもらって
お仕事ならではだなあ、と。
つくってる本人は、まったく自分の作品のよさはわからないので
チームは本当に楽しいしありがたいです。

さてこちらのシリーズ、これからも本をめぐる素敵な場所をご紹介すべく
続々更新予定。お楽しみくださいね!
by natsu_miyazawa | 2013-07-13 17:10 | | Comments(0)

「絵本のいま」と、私のいま。

物事がいっきにぐぐっと前に進んだような、そんな先週末でした。

29日は板橋区立美術館でボローニャ展のオープニングで
13時からのトークもたっぷり聞き、
会期中に特設オープンされるカフェで小腹を満たし
うっとりと作品を鑑賞。
しばらくしてハナコちゃんと合流し、ケンが友達を連れてきて
名刺をみたらあれ?さっきこの絵、見なかった??
なんとその友達は今回の展覧会のポスターを手がけた
フィリップ・ジョルダーノ!
確か仕事で来日しているイタリア人の友達がいるっていってたけど
彼だったのかあ。うっひゃあ
黒髪、黒目で笑顔が素敵なナイスガイでした。
そしてちゃっかりレセプションにも潜入した私たちは
お世話になっている西須さんや
町田で友達になった山本久美子さんともお会い出来....
山本さん同様、フランスで出版されている
むらかみひとみさんともご一緒できて、すごく楽しかったです。
ハナコちゃんのかっこいい車で送ってもらったしね!

なんだか旅行中みたいなオープンな気持ちで
キラキラした純粋で才能ある人たちと話せて、すてきな時間でした。

帰宅したら私もご掲載いただいている「絵本のいま」が届いてて、
やったるぜー!と心から思いました。

e0026053_1122131.jpg

絵本のいま 絵本作家2013-14 (P188ご掲載)
6月29日発売 玄光社ムック

そして昨日は2回めの内覧日。
「猫2頭以上」はせまい市内では思いのほか限定した条件に。
これでダメなら隣の市を探す予定で行きました。
ローカルで楽しいお話を連発しつつ、不動産屋さんが案内してくれた
一軒目は高原の別荘の趣き。ひろい!
4階の窓からの眺望は緑と一戸建てのみです。

二軒目は、実は私の本命で
間取りチェック時に既に一番住みやすそうだと
こっそり下見に行ってたところ。
外から見ても良いと思いましたが、中は(工事中とはいえ)
さらに私たち好み。悪いところがみつかりません。

この家探しについてはもうひとつのブログ的内容なので
ここでは割愛しますが、気に入った二軒目は仮審査申し込みを済ませました。
多分よっぽどのことがなければこちらが新居になります!わーい

e0026053_11221826.jpg

写真は室内から庭を望む景色です。
古いですが、リノベーション工事中ですてきな空間になりそう。
そしてこのお庭!!!大規模マンションとは思えませんねー
他のお宅も素敵なお庭をそれぞれ造っていたので、私も見習おう!
前の方が植えたお花たちが満開でした。

我ながら物件運はとってもいい!と思います。感謝!

そして今日から7月。生まれ月!056.gif
by natsu_miyazawa | 2013-07-01 11:29 | えほん | Comments(0)


HPはnatsumiyazawa.com


by 宮澤ナツ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ようこそ!

お問い合わせ・ご依頼は
公式HP内「お問い合わせ」
メールでどうぞ
035.gif2017.2.16より
HPのURLが変わりました

宮澤ナツ_絵本イラスト


facebook
twitter
当ブログの画像および
テキストの無断使用、
転載はご遠慮ください。
使用料が発生します



::::::リンク::::::

サンディエゴ在住の
中学んときの同級生
えだまめ漂流記

ブックデザイナー
清水佳子さんの日記
『しみず手帳』

才能あるキュートな変人!!
又男日記

彫刻家&
イラストレーター
ささきみえこさんのブログ
ささきみえこのブログ
サイト
森のなかで

グラフィックデザイナー
飛弾野由佳さんのまんが・
お仕事ブログ
金魚HOUSE

イラストと
日々の出来事
せきあやこの
「兎にも角にも」


謎の音楽ユニット
“34”のオフィシャルブログ
Happy“34”official blog

本、特にドイツ語関係の
本の万屋(よろずや)。
パプリカ商店

デザイナー阿部美樹子さんの
サイト気戸kico

東京・北参道にある
デザイン事務所
NILSON design studio

篆刻家・瀬川敦子さん所属
こんこんギャラリー

ブログパーツ

最新のコメント

わあ、こちらこそ気に留め..
by natsu_miyazawa at 13:33
ナツ イベントお疲れさ..
by ak at 22:48
富岡さま、素敵な感想をい..
by natsu_miyazawa at 16:30

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 06月
more...

カテゴリ

全体
えほん
しごと

音楽
自然

映画
スポーツ
健康

動物
歴史モノ
イベント

イソップ物語
ショップ
くらし
スケッチブック
未分類