<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春はいつかな

これといってやることのない、冬の庭....
ああ、さみしい。
あちこちに有機肥料も仕込んだし、バラには特別の肥料と剪定もした。
ああ、ひまだ。

ほんとうは天地返しをしたいけど、モグラちゃんが
せっせと塚を形成しているのでよしとする。
来週末からはいよいよ花粉飛散準備の為のクスリの処方が始まるし
(私だけかもですが....慢性副鼻腔炎でもう服用しています)
しばらく外での作業はつらそうなので、今のうちにサザンカの剪定開始。
...やりすぎちゃったかなあ。プロの仕事との差は
プロはちゃんと見栄えのする枝を残しているにくらべ
シロートは「切りました」感でいっぱいだ。
虫のつきそうなてっぺん(確かにそれらしいのがいました。
越冬してたのかな)と枝の込み入った中の方をばっさりと。

この木は元気もよく、花もたくさん咲いた。
チャドクガの被害もさほど見受けられなかったけど
これでしばらく数年は切らなくていいだろう。
どうも私はやりすぎのきらいがある。
お隣さんのお庭の方が花付きも良い気がするよ...
いやいや、でも来たときはたいへんなありさまだったし
また生育期になったら、どんだけすごくなるか、と
すぐに気を取り直しました。ゲンキン!

スイセンらしき芽や、クロッカスの新芽は確認出来たのですが
あんだけ植えたチューリップは、3つくらいしか芽を出しておらず。
時期的な問題かなと思ってましたが
数回、何者かに掘り起こされた球根を植え直し
今日はついに現行犯の現場を押さえました....!
e0026053_1645395.jpg

うーむ、あちこちに植えた球根がちゃんと出てくるか心配です。
e0026053_16554813.jpg

植えた覚えのないスイセン。毒性が強いことは知っていましたが
調べたらチューリップの球根にもほどほどの毒はあるのですね。
大丈夫かな、カラス....でも食べているところは目撃していないので
掘り出しただけなのかなー
なんたってモグラ(彼らは肉食)が住んでいるくらいなので
ネズミもきっといるのかも。
ネズミの球根被害もきいたことがある。どうなのかな?
春になってどれだけ花が咲いたかで、わかるのかもしれませんね。
e0026053_1656456.jpg

咲き終わりのサザンカを持ち帰っていけました。
白い花が一番好きです。
by natsu_miyazawa | 2014-01-25 17:09 | | Comments(0)

のうみそストレッチ

年齢も性別も国籍も、バックグランドがまったく異なる人たちと
定期的に集まって絵を描いています。
もともとはマンガ家友達が呼びかけてくれたのがきっかけで
かなり真剣に(!)遊んでいます。
普段は一人で作業しているので、この「集まる」行為そのものがまず新鮮。
さらに集まった皆と同じ作品を追うのも。
「自分がイメージした絵をそのまま描く」のも幸せだし
その絵や展開について、あーでもない、こーでもないと話すのも楽しい。

何かしら絵に関わる仕事の人たちが多いけど
むしろそうじゃない人たちの斬新なアイデアにどきっとさせられる。
自分の発想のくせ(あ、いつもこうしたいんだな自分は、的な)を
目の当たりにして
知らないうちに先入観で凝り固まっている場所を
ほぐしていくような感覚もあって、すごくおもしろい。
同アイデアだけど切り口が違ったり
落としどころの差でまた変わるのもいいんだよなあー
絵の上手い下手は「アイデアの説明」が出来さえすれば
あまり問題ではない(むしろシンプルなのがよかったりもする)ところが
マンガをはじめ絵本や映画、ストーリーを問われる分野での
ビジュアルの立ち位置をしめしているようで、興味深くもあります。
飛び交う言語は...何カ国語なんだろうか。
でもみれば一発でわかりあえるのが絵の力!
文化的な背景が違っても、好きなものが近い人たちは
どこにいても繋がることができるんだね〜
e0026053_18155879.jpg


サイトも試験運転中。
誰が何を描いたか、ってことはあまり重要ではなくて
絵が繋いでいく不思議な物語感をまずはお楽しみくださいね〜

S/S/K

ああ、それにしても自分で思いつくアイデアの貧困なこと。
もーっとおもしろいの、きっと描いてやるぞ066.gif
by natsu_miyazawa | 2014-01-21 18:38 | Comments(0)

絵について

こちらは昨年12月に発売された、しかけのある迷路絵本のイラストの一部分です。
どろどろ〜
e0026053_15101368.jpg

何人かの方で分担してつくりました。
どこまでもしっかり描きこむ絵、楽しかった〜!
モチーフはこわいけど、どこかしらコミカルな雰囲気の迷路絵本です。
子供たちが楽しんでくれるといいなあ〜

私の3つの柱「えほん+イラスト+WS(ワークショップ)」のひとつ
えほん(と絵)ですが、当時は主に自分のモヤモヤした気持ちを表現していたので
この絵本用の絵のように??ぱっと見ディープな作品が多く
「もっと明るい絵を描いたら」とよくいわれたものです...ははは。

若かったし、いろんな力がありあまっていたのでしょうねえ。
デカイ絵をしょっちゅう描いてましたし
版画も趣味的にずっとやっていました。
私は情報誌のカットを、短い時間で大量に描く仕事からスタートしたのですが
イラストの仕事と個展の作品のリンクがなかなかなされず悩んでいました。

が、今考えると当たり前!
「誰に向けて、何に対して」描かれているか否かが
イラストレーションはもっとも大切なことだと知ったのは
しばらく後になってからです。
あるとき「気が済んだ」一瞬があって、それからは
ぱあああっと絵が無理なく変わり、
絵も版画も仕事として成立しはじめたのです。
いや〜、わかってよかった.....


自分なりの個性についていろいろ考えた時期もありますが
すごく感じるのは
何に対して美しい、と感じる視点がかわらないかぎり
その視点に必要な技術やアプローチは
描いていれば必要なものしか残らない、ということです。
つまり「私が描いたものは、もともと私にしか、描けないもの」だ、という...
禅問答みたいですが。
開き直りにも近いかな?

また
過去の作品でおお、これはなかなか悪くないぞ!と感じた作品は
決して「好きなものを自由に」描いた絵ばかりではありません。
仕事として受注した作品の中で
当時は「描けるのかなあ、わからないなあ」
「難しくてうまくいかないよー」と
半泣き(!)だったものがよかったりして。
好きな作品ばかり描いていたら、今のどんな作品も
きっと描けなかっただろうなあと思います。
自分ではなく、皆さんを満足させるために作品を描くことは
ぐるりとまわって自分を成長させ
皆さんに満足に値するものを提供出来た幸せに繋がっています016.gif
よろこんでもらえて、うれしい、という。


そしてこちらは2月の展示の為の作品。
e0026053_15102577.jpg

絵はずっと私にとって、頂上のみえない山ですが
登山がこんなに楽しいからずっと続けていられるのでしょうね。
完成をお楽しみに〜!
by natsu_miyazawa | 2014-01-12 15:33 | | Comments(0)

はんがプレゼント詳細

先日はんがプレゼントの当選者の方へ、額装してお送りしました。
喜んでいただけたみたいで、こちらこそ嬉しかったです!
どうもありがとうございました。
完成品はこんな感じです。
e0026053_2232559.jpg

あやや、iPhoneで撮影している私がちょこっと映り込んでいますが...
インチサイズの白い枠の額は、割れないアクリル製で
マットは私の大好きなダークシアンで、すっきりとまとめました。
作品は絶対、額装したほうが見栄えが良くなります。
額のフレームの色やマットで印象が大きく変わるのも見どころ。
紙に色がある場合、マットの切り口の白がとても効果的です。
作者からみても、私の手を離れ
独立した一個の作品として存在感を放つ印象に。
そうなってはじめて、客観的に眺められる気がします。

作品の詳細とお手紙を添えました。版画はご存知なように何枚も刷れるので
エディションという「作品ナンバー」を記載します。
厳密には私の色付き版画は手彩色なので同じものは作れないのですが
それでも限定数という意味と管理ができるように
ナンバーをふるようにしています。

なるべく毎年、このプレゼント企画は続けていこう、と思っていますが
今後はネット販売についても検討してみようかなーどうかなー

また今月は版画でのお仕事をいただきました。
版画であろうとなかろうと、
「いい絵」を描くことを心がけるのには変わりありませんが
見てくださる方あっての作品です。
ありがたいなあ。がんばろ!
by natsu_miyazawa | 2014-01-09 22:33 | | Comments(0)

WS(ワークショップ)の、きっかけ話など

今年で24年目になる絵の仕事はいろんなかたちで広がって行き
私のサイトは「えほん+イラスト+WS(ワークショップ)」の
3つの柱で構成されています。
せっかくブログもあることだし
それぞれが発展するきっかけなどを...ご紹介しますね。

まず、WS(ワークショップ)=ライブペインティングですが
純粋にお仕事がきっかけでした。
今でもおつきあいのある編集者さんが、タレントさんなどを
発掘、ご紹介する雑誌を担当されていたころ
私もカットのお仕事等いただいていたのですが
打ち合わせ時に、ラフをさささっと描いたりするのをみて
「宮澤さん、その場で絵を描くのはどうかな?できる?」と打診。
やってないことをやるのが好きな(!)私は即答しました。
「おもしろそう〜!」

タレントさんの立ち位置を決めたら、スタジオ撮影時に
背景に使うバック紙(ロール状になっています)を下ろしてもらい
アクリル絵の具で描きました。時間はおよそ20分。
モデルさん、ヘアメイクさん、カメラマンさん、
編集者さん、デザイナーさん、
(インタビュー等兼ねる場合は)ライターさんなど
たくさんの方が同時にお仕事をされている関係上
絵を描く為の時間はさほどとれません。
でも私は制約があればあるほど燃えるタイプ。
わくわくするほど楽しく、仕上げました。
編集者さんが「絵を描く過程をみるのっておもしろいですね〜」と
感想を言ってくれ、私も楽しいけど
見ている人も楽しいならばなにより!と嬉しく思いました。
その後いろんなシチュエーションで描かせていただき
ずっと一人で家で描いていた私は
(ふだんお仕事でお会いする方はせいぜい編集者さんと
デザイナーさんくらいだったので)
多くの現場のプロの方々とお会い出来
楽しいひとときとなりました。

ほどなくして別の出版社さんへ伺ったとき、
私のファイルをみながら
そのころ毎年行っていた音楽フェスの話になり
その編集部さんも出店されていることを聞き
「私ももうチケットとってあるし行くことは決まっているので
何かできることがあればお手伝いしましょうか?」とお話ししたら
ちょうど撮影スタジオで描いた絵をご覧になった編集さんが
「じゃせっかくだし、ライブペインティングやってみましょっか?」と....

.....それから先の展開はサイトをご覧いただくとして
本当にいろんな場所で絵を描かせていただきました。

タイミングってあるんだなあとしみじみ感じます。
様々な幸運や良い方達の出会いによって
やがてワークショップへと発展し、
今の私の活動の柱の一つになりました。

去年、新宿駅の地下構内で絵を描いているとき
いつ思ったのかを忘れるくらいのむかーし昔の、子供のころ
「いろんな場所で絵を描いてみたいな」と思ったことが
こんなふうに叶ったんだなーと、感慨しきりでした。

e0026053_1050146.jpg

by natsu_miyazawa | 2014-01-07 10:56 | しごと | Comments(0)

新春ドッキリ!

あけましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしく〜016.gif

在宅ワーカーははっきりとした勤務時間がないので
昨日もなんとなくpcを立ち上げ、作業をしていたのですが
今日、いつもと変わりなくモニターを見てみると...
「うわああああ、なんか変な線が入ってる!!」
e0026053_15383324.jpg

落ち着いて電源を切り、いろいろやっても変化無し。
しかしアプリで立ち上げた画像にはなんら問題がありません。
FBで同じ在宅ワーカーのデザイナーさん友達と
あれこれ話していたのですが、設定をすこしかえたら、はい、元通りに。

あー、よかった。
今やpcがなければ何もできない仕事となってしまい
これまでも幾度となく、突然の不調に泣かされてきました。
リースをしていたときはすぐに来てもらいましたが
今のマシンは個人で買い替えたので、いろんな経験をしましたよー
私がそもそも電気機器との相性がよくないので(すぐ壊れます)
このマックもありえない修理を何度も経て今に至ります。
傷だらけだよね、きっと。
それでも(そのせいか?)
一般的にいわれている寿命はとっくに過ぎているので
「よくがんばってくれました!」と、感謝しないといけないですね。
(周辺機器はとっくに全取っ替えしてます)

そんな戦友な彼らにふと、ちょっとしたドッキリを
仕掛けられたのかな?と感じました。...大成功だよう、びっくりしたよー007.gif
by natsu_miyazawa | 2014-01-02 15:42 | Comments(0)


HPはnatsumiyazawa.com


by 宮澤ナツ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ようこそ!

お問い合わせ・ご依頼は
公式HP内「お問い合わせ」
メールでどうぞ
035.gif2017.2.16より
HPのURLが変わりました

宮澤ナツ_絵本イラスト


facebook
twitter
当ブログの画像および
テキストの無断使用、
転載はご遠慮ください。
使用料が発生します



::::::リンク::::::

サンディエゴ在住の
中学んときの同級生
えだまめ漂流記

ブックデザイナー
清水佳子さんの日記
『しみず手帳』

才能あるキュートな変人!!
又男日記

彫刻家&
イラストレーター
ささきみえこさんのブログ
ささきみえこのブログ
サイト
森のなかで

グラフィックデザイナー
飛弾野由佳さんのまんが・
お仕事ブログ
金魚HOUSE

イラストと
日々の出来事
せきあやこの
「兎にも角にも」


謎の音楽ユニット
“34”のオフィシャルブログ
Happy“34”official blog

本、特にドイツ語関係の
本の万屋(よろずや)。
パプリカ商店

デザイナー阿部美樹子さんの
サイト気戸kico

東京・北参道にある
デザイン事務所
NILSON design studio

篆刻家・瀬川敦子さん所属
こんこんギャラリー

ブログパーツ

最新のコメント

わあ、こちらこそ気に留め..
by natsu_miyazawa at 13:33
ナツ イベントお疲れさ..
by ak at 22:48
富岡さま、素敵な感想をい..
by natsu_miyazawa at 16:30

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
えほん
しごと

音楽
自然

映画
スポーツ
健康

動物
歴史モノ
イベント

イソップ物語
ショップ
くらし
スケッチブック
未分類