<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

かさかさしないように

別にケミカルなものが嫌いなわけじゃないのですが、例えば
スナック菓子を食べるとすぐに唇がかゆくなったり赤くなったり
良い香りの洗剤を使うと、手肌ががっさがさになったり
残念な反応が多すぎるので、自然とそういうものを遠ざける暮らしになりました。
e0026053_13353978.jpg

子供の頃は冬になると、十本の指の関節が見事にぱっくりと裂け、血がにじみ
ピアノ教室で指を晒すのがとても嫌でした。痛かったし。
肌が弱くて、寒風にあたった部分だけ赤く腫れたり
じゃっかん苦手だった動物性のタンパク質が不足していたのかもしれません。
全身に薬を塗っていたあのころを思えば、今はきれいなほうですが
大人はメイクをしなくちゃならない....素顔で出歩くのは徒歩圏内にとどめています。
(あまりかわりばえしないかもだけどね)

最近のお気に入り(というよりも、他のがダメになってしまったのですが)は
日本製の白色ワセリンです。リップクリームはもうあきらめました....
せっけんとこれさえあれば、もう大丈夫!しかもおどろくほど安い(笑)

お気に入りのオンセンスは、少なめに入れないとぴりぴりするのですが
木酢液は(香りさえ大丈夫なら)つるつるしてとってもいいことがわかりました。
嬉しいなあ〜

経験上、悩んでいる人に見直してほしいのは「なにで洗っているのか」です。
過去の私は、乾燥や肌荒れにお高いクリーム等をべたべたと塗っていたのですが
永遠にこれが続くのが嫌になって、すべてやめることからスタートし
一時は自分で石鹸を作り洗髪もしていました。
「洗うもの」が、強すぎるんだよね。科学物質がごっそり入っているし...
虫や植物が死んじゃうようなもので、体を洗っているんだよ?
さすがに髪はつやをなくしごわごわになっちゃったので、低刺激のシャンプーにして
ヘナのみ使用していますが、快適です。ご参考まで〜


あまりにも天然にこだわると、潤いのない乾いたばあさんになっちゃいそうなので
よさそうなものへのチャレンジは続けていきたいと(!)思います...
すべてにおいて、ね!
by natsu_miyazawa | 2015-01-26 14:11 | 健康 | Comments(0)

りんかく

以前、作家自らが作品を朗読する会やワークショップがあるのを知った時
いつか機会があったら、単に借りもののテキストを読む会ではなく
作った本人が語るのを聞きに行きたいと思っていた。

そして縁あって伺った初めての朗読会は
文筆家、不動哲平さんの追悼の会

不動さんが所属されていた短歌の会の皆さんが朗読する作品は、
ご本人の朗読ではないけれど、
不動さんをよく知っている方々の心がこもっていて
来てよかったな、と。

亡くなられた方の作品を別の感傷を持って接するのはすきじゃないし
多分その方ご自身が、いちばんそういう視点で見てほしくはないだろう。
その点でも、親しい皆さんならではの抑制が利いていて清々しかった。

文字から「読む」のではなく
声からイメージして情景を浮かべたり、
その後ろに、作者の心がちらっと、でも大胆に見えたり
人に言えないつぶやきが語られたり。

もちろんご自身はいらっしゃらない。けれど
お会いしたことのない方の輪郭をなぞって
確かにその方が存在し、生きて、かっこよくてかっこわるい、
チャーミングな作品を残したことを
しっかりと刻みこんだ豊かな時間だった。


ただ、やっぱり、お母様が語ってらした
息子さんとしてのお話は胸に響き、そのとき感じた気持ちは
手つかずのまま私の中にある。

e0026053_9134670.jpg

魅力的な方、お会いしたかったです。ありがとうございました!
by natsu_miyazawa | 2015-01-22 09:49 | | Comments(0)

大人のスキー2015winterにて

e0026053_17155550.jpg

今日みたいな冷たい雨の日は「大人のスキー」2015年winter(実業之日本社刊)
お仕事を思い出します。きっと山はしんしんと雪が降っているでしょうから。

私の出身地である長野県岡谷市は、乾いた寒さがキツい場所ですが
(マイナス20度もしばしば)雪は少なくてスキーは山に出かけて滑るもの。
そして恥ずかしながら、私は子供の頃車酔いがひどかったせいか
スキー体験が未だありません...(ソリはあるけどね)

昔は今よりもっと寒かったので
冬の体育の授業は天然氷リンクでスピードスケートでした。
ああ、思い出しても震えが来る(笑)
手がかじかんで紐がうまく結べなかったり
刃につけるオイルがフルーツみたいな甘い匂いがしていたこと、
昼近くになると、田んぼリンクの隅っこから氷が溶け出して
兄が落ちちゃったこと(!)などなど....

当時あまり運動は得意ではなかったのですが、それでも今
都内のリンクでホッケー用の靴(スピード用のはないのですよ)で滑ると
そこそこ注目されます。やっててよかった016.gif

e0026053_171666.jpg

こちらのカットは紙版画でシャルボネのコバルトブルーで刷りました。
下が版です。まだ色が残っています。
版の上の水滴?みたいなマチエールは木工用ボンドです。
4色分解した瞬間にこの素晴らしい青の鮮やかさは失われ
インディゴみたいな渋い色になってしまいますが
それでも雪にみたてた誌面に、つめたい山影や
スキーヤーからの視線をうまく表現出来たのでは、と思います。
カバー周りは基本、原画入稿ですが、本文カットの場合は
私がスキャンして色補正することも多いです。

e0026053_17392125.jpg

おまけは1973,4年ころ、当時小学1年の私が初めてスケートをした日の写真です。
天竜川沿いの駒沢区のこのリンクは、その昔国体も開催されたとか。
今はもう住宅街になっているのかな?
by natsu_miyazawa | 2015-01-15 17:43 | しごと | Comments(0)

大収穫!

e0026053_13511899.jpg

来週末23日、バンドパーティの時にお世話になった美味しいカレー屋パペラさんで
ちょっとしたイベントがあります。当初はいろんな告知も出しましたが
主催者不在というあまりに微妙な展開(!)に
来てもらうのが申し訳ないなあと消しました。
楽しく遊んでいるだけなら、なんの問題もない付き合いも
第三者をおもてなしする場に必要なスキルや想像力は、残念ながら
全ての人にあるわけではないということを実感....
とはいえ司会をはじめ役割が明確なスタッフは
もちろんベストを尽くすべく準備を進めておりますので
ご興味ありましたらぜひ、どうぞ!

私の今回の大収穫は、ものすごく上手い方々と一緒に演奏出来ることです!
昨年のパーティでお友だちになったお二人と、
さらにそのつながりで参加してくださった方が
とにかくまあ、すごい上手。プロ活動をしていたから当たり前かもですが
こちらも上手くなったのでは?と錯覚するほど
良い思いをさせてもらっています....えへへ
ド・シロートな私がこんな経験をさせてもらえるのだから
少なくともイベントの価値は大いにあったなあと....マジで。

ここ1年くらいリハビリ的に自己流クラシックを再開し、譜読みに慣れ
さらにBookbandではあらゆるジャンルを弾き、
もちろん趣味である音楽はたくさん聴いているので
すべてがいい栄養になってるなあと思います。
ひとつのコードの様々な展開パターンを覚えてしまえば
あとは応用すればいいところも、コードを覚えたから、ですよねー

また鍵盤そのものが見えない方が、純粋に音だけをたよりに弾くので
頭の中で鳴っている音を一発で弾けたりもします。
ニューロンがものすごいスピードで電位を発生させているのでしょうね。
どんどん難易度が高いことが出来るようになるし。

かるい脳梗塞を患った方が、ギター演奏の再開を医師から強く進められたそうです。
演奏する=頭で曲を思い出し、左右の指先を使って、音を出して、耳で聴き。
これだけのことをほぼ一瞬でやってのけるので、リハビリにはもってこいだそう。
ちなみにその方は驚くほど早く復帰され、今ではまったく
ご病気されたとわからないくらいご回復をされてます。

音楽、いいですよ〜。
あのね、ぶっちゃけ演奏は聴いて欲しいの。これ本音!
それくらいいいのです。この段階でも。
お兄さんたちの奏でる音は、なんともセクシーで。
3つのゲームそれぞれにちがうイメージで
ざっくりしたコード展開などは決めますが、本番はすべて即興。
(ゲーム2は打ち込み音源に重ねて演奏。
iPadガジェットを準備しますので皆さんも参加出来ますよ〜!)

お楽しみに!
by natsu_miyazawa | 2015-01-13 14:27 | 音楽 | Comments(0)

年賀ひつじ

e0026053_1212029.jpg

フリーになってから断続的にお世話になっている編集者さんから
部署の年賀状を頼まれて制作しました。
デザインはその編集者さんつながりでずっとお世話になり
今は友人としてもおつき合いしている阿部美樹子さん

昨日アップした作品と違い、こちらは版画の技法です。
3版に分け、それぞれ制作しました。
ブルーの輪郭線と、雲のようなベタの面、そして
ラフな筆使い(指でやってます)の線。

デザインは見習い程度の知識、技術しかありませんが
ほんのちょっとこの色が数ミリ右だったら、など
わずかの差で印象が変わるので、データ入稿ということもあり
デザインの余地を残すためあえて一枚に刷らず
3枚のレイヤーで調整出来るようにしています。
「間」は、やっぱり
デザイナーさんの腕のふるいどころですものねー

今やpcでの作業は、なくてはならないものとなりましたが
いつもスキャンしてモニターで確認して感じるのは
もとの画像がよくなければいくら手を加えても
作品そのものがよくなることはない!こと。

デジタルに変換すると情報量が1割程度になるそうですが
だからこそ元、芯、核になるものの揺るがなさは必須です。

デジタルかアナログか、どちらかではなく
どちらの特性もこだわらずに生かして
最終的に手にとった方が「わあ、いいなあ」と思うような作品を
今年も作って行きたいと思います。
by natsu_miyazawa | 2015-01-10 12:32 | | Comments(0)

ふわもこ布団(年賀状の絵)

松の内も過ぎ、門松飾りもはずして寒中見舞いを出しました。
今年の年賀状は私の干支でもある「羊」。
年賀状をお出しした方は既にご覧になったかと思いますが.....
ふわっふわの羊毛布団(羊つき)にくるまれて冬眠する
クマを描きました。こんな感じ〜!
e0026053_11322993.jpg

宛名面では、むかーし流行った、キツネに模したえりまき
(マフラーでは決してない)風に羊を巻くクマ。
ぜったいあったかいね、これ。
e0026053_11364446.jpg

by natsu_miyazawa | 2015-01-09 11:52 | | Comments(0)

版画とのつきあい

e0026053_1403024.jpg

従兄弟が撮影した写真を元に、母が彫りました。
一時体調を崩していた母ですが、兄の協力もあって最新の検査を受けられ
治療も順調。ほぼ以前と同じ日常をおくっています。よかった〜

母方は器用な人が多く、母も(ざっくりとしていますが)
手芸や木版画をずっと続けています。
私の地元長野県の岡谷市は武井武雄さんの故郷でもあり、
武井さんに指事した方が始めた版画の会に所属しています。
今年も恒例のカレンダーが出来上がりました。
素朴で力強くて、存在感があります。

版種は違いますが、私が版画を続けているのは
子供の頃からいつも、部屋のすみでざりざりと
板を彫刻刀で彫っていた母を見ていたからかも知れません。

e0026053_1404485.jpg


父は先月、三十冊以上の本を読んだと(どういうタイムスケジュール??)
嬉しそうに話していました。
「わしゃあ、本さえありゃ、なーんもいらんでね」と。
両親は決して丈夫ではないのですが、マイペースに楽しんでいて
ほっとしています。

方言で根気強いことを「しょうがいい」といいます。
うちの両親から受け継いだ「しょうのよさ」を
私も全開にしていこう、と思います。

*お気軽にご購入出来るよう、版画の販売の準備を進めています。お楽しみに!
by natsu_miyazawa | 2015-01-07 14:14 | | Comments(0)

北のおそなえもち

e0026053_2320368.jpg


新年あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

お年賀がわりに、さっそく今年一発目のオリジナルを描きました。
「北のおそなえもち」です。
おもちじゃないけど....みかんもないけど.....

都内は元旦に雪がちらついたくらいですが、池に氷が張りました。
メダカちゃんたち、大丈夫かなー
い5匹もいた金魚も、春には一匹も確認出来ず
そのせいかメダカ密度が異常に高く、
いつ覗いても、ぎっしりでした。
池は既に生態系が出来上がっているので
あえて何もせず自然に任せていますが
(そのほうがいいと聞きました)きびしいですね。

三が日終了後に少し遅れて帰省予定です。
信州は寒いだろうなあ....
皆様も体調にお気をつけて、休日をお楽しみください!
by natsu_miyazawa | 2015-01-02 23:29 | | Comments(0)


HPはnatsumiyazawa.com


by 宮澤ナツ

プロフィールを見る

ようこそ!

お問い合わせ・ご依頼は
公式HP内「お問い合わせ」
メールでどうぞ
035.gif2017.2.16より
HPのURLが変わりました

宮澤ナツ_絵本イラスト


facebook
twitter
当ブログの画像および
テキストの無断使用、
転載はご遠慮ください。
使用料が発生します



::::::リンク::::::

サンディエゴ在住の
中学んときの同級生
えだまめ漂流記

ブックデザイナー
清水佳子さんの日記
『しみず手帳』

才能あるキュートな変人!!
又男日記

彫刻家&
イラストレーター
ささきみえこさんのブログ
ささきみえこのブログ
サイト
森のなかで

グラフィックデザイナー
飛弾野由佳さんのまんが・
お仕事ブログ
金魚HOUSE

イラストと
日々の出来事
せきあやこの
「兎にも角にも」


謎の音楽ユニット
“34”のオフィシャルブログ
Happy“34”official blog

本、特にドイツ語関係の
本の万屋(よろずや)。
パプリカ商店

デザイナー阿部美樹子さんの
サイト気戸kico

東京・北参道にある
デザイン事務所
NILSON design studio

篆刻家・瀬川敦子さん所属
こんこんギャラリー

ブログパーツ

最新のコメント

わあ、こちらこそ気に留め..
by natsu_miyazawa at 13:33
ナツ イベントお疲れさ..
by ak at 22:48
富岡さま、素敵な感想をい..
by natsu_miyazawa at 16:30

記事ランキング

以前の記事

2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
えほん
しごと

音楽
自然

映画
スポーツ
健康

動物
歴史モノ
イベント

イソップ物語
ショップ
くらし
スケッチブック
未分類