Aesop'sFables イソップ寓話集より:144/閉じこめられたライオンと農夫

e0026053_14274241.jpg

ライオンが家畜の囲いに入りこんだ。
農夫は生け捕りにしてやろうと、中庭の戸を閉ざした。
外に出られなくなったライオンは、まずは羊、次は牛...と
殺しまくった。
さすがに農夫は自分の身が心配になり、戸を開けて
ライオンを逃がした。

それをみていた農夫の妻が
「遠くにいても恐ろしいものを、どうして閉じ込めようなどと...」




これが野生のライオンの姿、そのものですよね.....


「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-03-29 14:28 | イソップ物語 | Comments(0)