Aesop'sFables イソップ寓話集より: 181/ロバとラバ

ロバ追いがロバとラバに荷物を乗せて追っていた。
ロバは、平地を行く間は重荷に耐えていたが
険しい道へ行くと担いだままでは歩けなくなり
荷物の一部を肩代わりしてくれるよう、ラバに頼んだ。
ところがラバは無視したため、ロバは崖から落ちて
へしゃげてしまった。

ロバ追いはしかたなしに、ロバの荷物をラバに上積みし
ロバの皮をはいで、荷物の上に積みたした。
ラバは
「くっそう〜。あいつのいうことを聞いて
すこしくらいなら荷物をしょってやればよかったなあ...重い」
と独り言をいった。
e0026053_113984.jpg

なんとも過酷な展開です....
ちなみにラバとは
雄のロバと雌のウマの交雑種で逆の組み合わせ
(雄のウマと雌のロバの配合)で生まれるケッテイと比べると、
ラバは育てるのが容易であり、体格も大きいためより広く飼育されてきた。
家畜として両親のどちらよりも優れた特徴があり、雑種強勢の代表例なのですって。
体が丈夫で粗食に強く、役力もあるので、経済的な家畜で
気性は大人しく臆病。ラバとケッテイは不妊である。
不妊の理由として、ウマとロバの染色体数が異なるからだと考えられている.....

とのことです。写真をググると険しい車の入らない山道で
いっぱい荷物を背負ってがんばっている彼らばかり...
結局人間が全て悪いよなあ、どんなことでも....



「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-06-29 11:40 | イソップ物語 | Comments(0)