Aesop'sFables イソップ寓話集より:190/ロバとカラスとオオカミ

背中をけがしたロバが、牧場で草を食んでいると
カラスが傷口をつつくので、ロバは痛がっていななき、
跳ね回った。

ロバ追いは笑っていたが、通りがかったオオカミは
「わしらは姿を見せただけで追いかけられるけど
あいつらは笑われるんだもんなあ」
e0026053_10531885.jpg

あえてロバ追いは描きませんでしたが
そうですねえ私なら、笑い転げているロバ追いを
後ろからそっとオオカミが近づき、ガブリと....かな?

久々のイソップ。
まだまだお話は続きます。おつきあい、どうぞよろしく!

「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より
by natsu_miyazawa | 2012-08-12 10:53 | イソップ物語 | Comments(0)