Aesop'sFables イソップ寓話集より:199/子供とサソリ

子供が城壁の前でバッタをとっていた。
たくさんつかまえたところでサソリをみつけたが
これもバッタだと思い、手のひらをまるめて
かぶせようとしたまさにその瞬間、
サソリが針をもたげていうには
e0026053_1635105.jpg

「やったらどうだ。つかまえたバッタも失うぞ」
善人にも悪人にも、同じようにふるまってはならない。


「イソップ寓話集」中務哲郎訳 岩波文庫より


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

バッタといえば、稲刈りのときのイナゴとり。
昔はたっくさんいて、たっくさんとっておばさんにあげると
後日タッパーにおさまった「イナゴの佃煮」に変身してかえってきたものでした....

調べてみたら古代ギリシャの人たちも昆虫食をしていたようで
蝉の幼虫(!)が身分の高い人たちの間で食されていたようです。
でもサソリを食べるのは中国だけみたい(さすが中国!)なので
このお話の子供は単純にバッタをとる遊びをしていたのでしょうねー

ちなみに私はイナゴも蜂の子もサナギ(蚕です、ちょっと苦手)ヘビも食べました。
イナゴや蜂の子はむしろ味もよく、美味しいですよー
機会ありましたら、ぜひ!
by natsu_miyazawa | 2012-11-30 16:38 | Comments(0)