5月の近況

すっかり庭師と化している日常ですが
その一方で描きがいのあるお仕事に恵まれ、せっせと描いておりました。
なんとか間に合ってホッとしてます。
来週からは別の取材仕事が動くので、重ならなくてよかったー!
私は早描きタイプなのでいつも暴走しないよう
いろんな工程を作業に組み込みつつ進めています。

私はお仕事だろうがそうでなかろうが
どんな絵でも描いていてつまらない、と感じたことがなく
絵が好きでその繰り返しの上で今があることに
しみじみありがたいなあと思います。
いくら描きにくい苦手なモチーフでも作業していると
脳からナニカが出るのでしょうねえ。楽しくなっちゃいます!
そして「よっしゃ、描けた!」は応用問題をクリアしたような
ヒットを打った時みたいな爽快感がある!
そしてやっぱり、人に喜んでもらえたら嬉しいし。

お仕事だと着地点は最初から外にあり、
ひとりよがりでない作品が求められます。
ニーズに応えつつ、自分らしさを残す。
そこが厳しいところでもあり、またやりがいもあります。
以前、商業美術ではない分野の方に
「注文に応じて絵を描き分けたり、相手の希望を盛り込んで描いて、
辛くならないの?」と聞かれたことがありましたが....
もとより「自分の作品」と「皆に楽しんでもらう為の作品」は
まーったく違います、よね?

自分だけで完結する「楽しい」作品には注意が必要です。
自分だけが楽しい絵ばかりになっちゃう....
私にもちろん、経験があって
それはそれで当時の自分には必要だったのかもですが
今は、もう、そういうの、なし!にしたい。
自分だけの満足って、広がりもなくてつまんないことに気づいたから。

秋に予定している個展用の絵も
今までと違うアプローチを心がけつつも、私の満足じゃなく
見てくださる方が楽しんでもらえますように、と
願いをこめて制作をはじめました。
e0026053_16385257.jpg

真冬の絵が今日完成!
もう、タッチがどうのこうの言う時期は過ぎたかなと思います。
情報量満載でこってりして強い、私の絵を
たくさんの人が楽しんでくれますように016.gif


e0026053_16401296.jpg

先週末、小さなお子さんのいるお友だち夫婦が2組、遊びにきてくれました!
本当に楽しかった〜
キラキラした生命力のカタマリたち!

個展が終わるまでしばらくはご招待はできませんが
手をかけたつるばらが次々と咲いてくれて
それだけで、感謝〜056.gif

絵を描いている向こう側に見てくれる人の席を
いつも準備して描いていこう、と
改めて感じる23年目の、夏!
e0026053_16395932.jpg

by natsu_miyazawa | 2014-05-19 17:01 | Comments(0)